image
(写真・AFLO)

テニス四大大会のひとつである全仏オープン。錦織圭(26)が奮闘するなか、その様子を見守る女性の姿があった。錦織と交際中のモデル・観月あこ(24)だ。

 

「これまでは一般観客席で観戦していた観月さんですが、今大会から家族や関係者が座る“ファミリーボックス”デビューを果たしています。前に交際していた北京五輪新体操代表の坪井保奈美さん(27)はいつも目立たないよう観戦していたのに、観月さんは堂々と席に陣取って応援していました」(テニス関係者)

 

2人は14年秋に知り合い、翌年夏に交際スタート。観月は今年に入ってから海外試合にも同行するように。それだけ錦織にとって大切な存在になっているのだろう。全仏開催中、錦織はパリ市内の4つ星ホテル『プリンス・ド・ガル』に宿泊。先月のバルセロナオープンでは同宿しているところを報じられてしまったためか、今回は観月と別のホテルだった。

 

「といっても彼女がいたのは、錦織選手のホテルからすぐそばにある『フォーシーズンズ・ホテル・ジョルジュサンク・パリ』でした。しかも彼のホテルよりワンランク上の5つ星。1泊40万円超という部屋もあります。当然すぐ会うことができるので、練習を終えるたびに密会していたようです。錦織選手が自分の宿泊ホテルのバーに彼女を呼び寄せ、2人で仲良く語り合っている光景も目撃されています」(現地テニス関係者)

 

“同伴”恋人へ異例のVIP待遇。順調に愛を育んでいるようだが、2人の前には大きな壁も立ちはだかっている。

 

「錦織選手のご両親は、観月さんとの交際を快く思っていないようです。四大大会ではいつも母・恵理さん手作りのおにぎりを“勝負メシ”にしていたのですが、今回はありませんでした。その原因も、観月の存在によって親子関係がぎくしゃくしてしまったからではないかと囁かれています。また父親の清志さんも『圭は冷静さを失ってまわりが見えなくなっている』と親しいテニス関係者にこぼしていたそうです」(前出・テニス関係者)

 

一部では女性占い師への浸水も取りざたされている観月。実はこの占い師から、こんな決定的な“お告げ”が彼女にあったという。

 

「その女性占い師は、観月さんに『あなたが一生懸命錦織さんに尽くせば、来年の暮れには結婚できるでしょう』と“予言”したそうです。彼女が献身的にサポートすれば四大大会の優勝も叶うとも言われたようで、彼女自身も張り切っているみたいです」(前出・テニス関係者)

 

実際、昨年末には錦織が観月とともに彼女の実家を訪れる姿が目撃されている。

 

「シーズンオフに入ってすぐ、錦織選手はお忍びで彼女の故郷・富山県黒部市に行ったそうです。目的は彼女の両親に会って『結婚を前提に交際しています』と挨拶するためだったと聞いています」(前出・テニス関係者)

 

「彼女と付き合ってから弱くなったと言われたくない」と全仏でもスーパープレイで難敵を撃破してきた錦織。いろいろ言われているとはいえ、観月の熱視線が彼の奮闘を支えていることは間違いなさそうだ。

関連タグ: