image

(写真:アフロ)

 

開幕直前の平昌五輪。今大会でも、要注目のヒロイン候補がたくさんいる。彼女たちが世界でトップをうかがう選手になるまでには、お互いを高め合う相手が欠かせなかった。その関係性はさまざまだが、本番では、アスリートのライバル物語が新たに生まれることだろう――。

 

フィギュアスケート女子で平昌五輪日本代表に選出されたのは、宮原知子(19)と坂本花織(17)の2人。ともに初出場となる彼女たちの横顔を、’77年世界選手権東京大会で日本人初の銅メダリストとなった佐野稔さんに語ってもらった。

 

「’15年世界選手権の銀メダリストである宮原さんは、股関節の疲労骨折で昨年の世界選手権を欠場しましたが、逆境を乗り切って全日本選手権で見事に4連覇を達成、名実ともに『日本の女王』に返り咲きました。坂本さんは、全日本選手権のフリーでプレッシャーのかかる最終滑走を、ノーミスで乗り切る強いハートの持ち主。初挑戦で日本代表の座を射止めた、今回のシンデレラガールなんです」

 

そんな2人の関係性を、佐野さんは次のようにみる。

 

「宮原さんは、演技を見てもわかるとおり、生真面目で、フィギュアに対しての姿勢がすがすがしく感じられる選手。そんなエース・宮原さんには、新星・坂本さんを包んで引き上げられる、姉のような包容力があるのではないかと思います。かたや妹分のような坂本さんが五輪という大舞台で、努力型の宮原さんという先輩と一緒に戦えるのが、大きな糧になるはずなんです。怖いものなしの若さをぶつけてほしいですね」

 

では、五輪当日はどのような試合展開になるのだろう。スポーツジャーナリストの折山淑美さんはこう考える。

 

「宮原は、ジャンプをノーミスで切り抜け、自分らしい着実な演技を目指すはずです。坂本は、同世代の強豪がひしめくなかで自分だけが出られることをラッキーと捉えているはず。宮原というエースが上にいる安心感から、順位を気にせず戦うことができれば、平昌でサプライズを起こすかもしれないですね」