今季、福岡ソフトバンクホークスから中日ドラゴンズに移籍した松坂大輔投手(37)。6月8日には早くも3勝目を挙げ、オールスターのファン投票でもダントツ1位を独走中だ。そんな松坂を意外な場所で目撃した。6月上旬、タクシーで彼が降り立ったのは名古屋市内にあるトヨタ・レクサスの販売店。この日、彼は“愛車”の買い替えに訪れていたのだ。

 

事前に伝えていたのだろう。店の前には、20名近くのスタッフがズラリと並んでお出迎えしていた。松坂は用意されたユニフォームにサインし、スタッフらと記念写真する“神対応”も!その光景を見た少年が「松坂だ!」と声を上げている。地元ウケは抜群のようだ。

 

「松坂投手の愛車は、ソフトバンク在籍時代に福岡で購入したベンツでした。しかしここにきて、地元のトヨタ車に乗り換える決意をしたようです。温かく出迎えてくれたファンのお陰で、結果を出すことができた。その感謝の意味も込めて『名古屋に骨を埋める』という“覚悟”を決めたのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 

レクサスといえば、1千万円超えの車種もある超高級車。米大リーグでも活躍した松坂なら買えない額ではないだろうが、意外な“障壁”があった。3児と今もボストンに暮らしているという妻・倫世夫人(43)だ。

 

「松坂投手の財布のひもは、今も倫世夫人が握っているんです。彼が高い買い物をするには、彼女に“おうかがい”を立てなければならないのです」(別のスポーツ紙記者)

 

ソフトバンク時代の推定年俸は4億円だったが、中日での推定年俸は96%減の年俸1千5百万円と言われている。そんな状況で車購入を認めてもらうには、結果を出すしかない。

 

「名古屋で単身赴任中の今も、松坂投手は毎日欠かさずボストンへのテレビ電話をかけていると聞きました。3勝目をあげたこともあり、ようやく“お許し”が出たのではないでしょうか」(前出・スポーツ紙記者)

 

“名古屋愛”と“妻との約束”が詰まったピカピカの新車と共に、松坂はさらなる活躍を誓う!