現地10月27日、世界最高峰のバスケットボールリーグ・NBAの試合で、メンフィス・グリズリーズ所属の渡邊雄太選手(24)がデビューを飾った。日本人としては、田臥勇太選手に続いて、14年ぶり、2人目の快挙! 香川県の実家で、母の久美さん(57)は、“まだ夢の中にいる感覚”とその喜びを本誌記者に語ってくれた。父の英幸さん(60)も、興奮を隠しきれない。

 

「NBAは、日本人選手にとって“違う惑星”のような、圧倒的な実力差のある遠い舞台ですから。トップチームとの本契約を結ぶことが、次の目標ですかね」

 

渡邊選手がグリズリーズと結んでいるのは、「2ウェイ契約」。ふだんは同じメンフィスに本拠地を置くハッスルという下部チームに所属しており、NBAチームであるグリズリーズから出場選手として呼ばれるのを待つ。

 

規定期間内に、呼ばれた試合での活躍が認められれば、グリズリーズの正式な選手として本契約を結ぶことができる。それは、五輪代表選手たちでもなかなか到達できない、バスケ選手にとっては夢のようなこと。

 

その快挙で日本を沸かせた渡邊選手。彼にバスケの基礎をみっちり教え込んだ両親に話をきいてみると、大きな体に隠れた“意外な素顔”が明らかに――。

 

渡邊選手が生まれたのは、’94年10月13日。幼少時代は、将来2メートルを超える体格になるとは想像もつかないような、平均的な身長・体重だったと久美さんは話す。

 

「とにかく人見知りで、泣き虫な子どもでした。父親にさえ、1歳を超えるまで近寄らないし、私がお風呂に入るために雄太のもとを離れるだけで、大泣きでした」

 

バスケとの出合いは、幼稚園入園時。現在の住まいである、香川県に居を移した際、久美さんが、小学生のバスケチームのコーチを依頼されたのがきっかけだ。身長177センチの久美さんも、全日本選抜のキャプテンを務めたこともあるバスケ選手だった。

 

「週に3回の練習には、いつも雄太も一緒でした。まだ小さいから練習に参加できなかったけど、小学校に上がったとき、自分から『ボクもやりたい』と言い出して」(久美さん)

 

バスケを始めると同時に“もっとうまくなりたい”という気持ちが芽生えた。同じく実業団のバスケ選手だった英幸さんも、その思いに応え続けた。

 

「朝の5時半に起きて、近くの小学校で、毎朝6時から1時間、朝練をしようということに。雨の日以外は、ほぼ毎日続けました。よほどバスケが好きだったのか、雄太から『今日休みたい』というような泣き言は、一切聞きませんでしたね」(英幸さん)

 

本格的な試合が始まる小4に進級する10歳ごろから、コートの中での久美さんは“鬼コーチ”に変わっていった。

 

「練習中、チームでダラけているときは『やりたくなかったら、帰れ!』って。よそのお子さんに手を出すことはできないから、雄太を突き飛ばしたりしていました。相変わらず泣き虫でしたが、涙ながらに『やります』と立ち上がっていましたね」(久美さん)

 

そんな息子のNBAデビュー戦――。

 

「朝、起きたら雄太から『今日、ベンチ入りする』って、メールがあったんです。私は入院中で、試合の放送を見たのは病室でしたが、コートに雄太が立った瞬間は『よっしゃー!』って、大部屋なのに大声を出してしまいました(笑)」(久美さん)

 

家族の思いを乗せて渡邊選手が打ち放ったボールは、弧を描き、ゴールに吸い込まれた。