羽生結弦 寄付総額3千万円!原点リンクへの支援続ける理由
12年の復興演技会で犠牲者に黙とうを捧げる荒川静香さんと羽生(写真:時事通信) 画像を見る

2月13日、宮城県と福島県を中心にふたたび大きな地震が日本をおそった。一部で震度は6強を記録し、停電や地面が倒壊したところもあった。東日本大震災から10年を迎えようとする1カ月前のことだった――。

 

ふたたび羽生結弦(26)の故郷を襲った地震。実は、羽生の“ホームグラウンド”も被害を受けていた。地震から一夜明けた14日、宮城県仙台市にあるスケートリンク「アイスリンク仙台」は公式HPでこう発表した。

 

「地震による影響で建物に損傷が発生したため、安全確認が取れるまでアイスリンク仙台の営業を中止させていただきます」

 

アイスリンク仙台の関係者は被害状況をこう明かす。

 

「建物自体が古いので、一部で塗装の剥がれや建物に亀裂が入っていたそうです。営業休止中も、ふだん貸し切りで利用しているスケーターなどには場所を提供していたと聞いています。21日には無事、営業を再開したそうです。羽生選手もリンクの被害状況を聞きつけて、とても心配していたようです」

 

羽生とアイスリンク仙台の出合いは今から22年前にさかのぼる。’99年から同リンクに通い始めた姉の影響を受け、4歳でスケートを始めた羽生。日々、練習に明け暮れ、’04年10月の全日本ノービスでの優勝を皮切りに、めきめきと実力をつけ各大会で次々と優勝していく。’11年2月には四大陸選手権で初出場ながら銀メダルを獲得するまでに。

 

しかしその直後、思いもよらぬ試練が羽生を襲う。震災だ。

 

「震災が起こったとき、羽生選手はちょうどリンクで練習をしている最中で、スケート靴を履いたまま外に避難したそうです。リンクは大きな被害を受け、長期間の営業休止を余儀なくされました」(前出・リンク関係者)

 

震災で自宅マンションが全壊し、練習場所も失った羽生。しかし、逆境をバネに国内の練習場を渡り歩き、’12年4月からはカナダに拠点を移し研さんを積んでいく。

 

そして、’14年のソチ五輪、’18年の平昌五輪で2大会続けて金メダルを獲得するという偉業を達成。日本中に大きな希望をもたらすこととなった。

 

次ページ >“原点”リンクへの寄付総額は3千万円!

関連カテゴリー: