“密フェス”大炎上の陰で巨人阪神戦には5万人来場…不公平さ指摘する声も
画像を見る

甲子園で9月3日から行われたセ・リーグの首位攻防戦。阪神タイガースと読売ジャイアンツという古くからのライバル対決は大きな話題を呼んだ。しかし、思わぬところでも注目を集めることとなってしまったようだ。

 

『AERA dot.』によると今回の首位攻防戦では1戦目に14,889人、2戦目に18,024人、そして3戦目に17,247人と計50,000人以上の観客が来場。さらに外野ではファンが固まって“密”になったり、ファン同士が抱き合ったりしていたという。

 

先月末、愛知県で開催された野外イベント『NAMIMONOGATARI』では酒類の提供だけでなく、来場者がマスクをせず“密状態で大合唱”などの行為が発覚し、大炎上。そして各メディアによると今月7日、来場した14名が新型コロナウイルスのクラスターに認定されたという。

 

『NAMIMONOGATARI』の来場者数は約8,000人。いっぽう、阪神巨人戦にはその6倍以上もの観客が集まったことになる。クラスターが発生していないことを祈るばかりだがーー。

 

さらに先月25日まで、阪神巨人戦と同様に甲子園で行われていた『第103回 全国高等学校野球選手権大会』には一般客の入場はなく“原則的に無観客”との制限がされていた。そのためネットでは「なぜプロ野球は有観客?」と“不公平さ”を指摘する声が相次いでいる。

 

《緊急事態宣言の中、甲子園だけが1万8,000人の観客 高校野球大会は大会中に入場制限をしてたのにね》
《高校野球やオリンピックが無観客でプロ野球はこんな観客入れてるの不思議》
《甲子園の阪神巨人戦は満員で高校野球は無観客! 何故なん?》
《こーゆー事するから、こっち(プロ野球)は良いけどこっち(高校野球)はダメ……みたいな不平不満が起るんだよ。それに観客、こんなに人が沢山いて怖さは無いの?》

出典元:

WEB女性自身

【関連画像】

関連カテゴリー: