上西小百合議員 酒席の必殺技は男性議員への「ウルウル上目使い」

投稿日: 2015年04月17日 12:00 JST

国会本会議を病欠した前夜に飲み歩いていたことなどが発覚し、4月4日に維新の党を除名された“浪速のエリカ様”こと上西小百合衆議院議員(31)。

 

「国会議員の年間の歳費(給料)は約2千100万円、それに文書通信交通滞在費が1千200万円支払われます。さらに今回除名されたことで、彼女が“1人会派”を結成すれば月額65万円の立法事務費も手にできます。たとえ彼女が何も仕事をしなくても、血税から年間4千万円以上が支払われるのです」(政治部記者)

 

「大阪維新の会」の関係者は言う。

 

「彼女が政治家の育成を目的とした『維新政治塾』に入ったのは12年3月、28歳のときでした。当時の塾生のなかには、企業の経営者や弁護士などのエリートも多く、塾内の飲み会に参加しては『今度ご飯を食べましょうよ』と、声をかけまくっていました」

 

いわば合コン感覚だったのだろうが、彼女は積極的に酒席に参加してお酌をして回ることで、橋下徹大阪市長をはじめとした大阪維新の会の幹部たちに取り入ることに成功。12年12月には国会議員になった。

 

「当時、彼女は“橋下ガールズ”の1人と目されていました。街頭演説で言葉を詰まらせても、橋下徹大阪市長は『まぁ愛嬌でお許しください』とフォローしていたのです」(前出・大阪維新の会の関係者)

 

“メイクが厚塗りすぎ”などと、ネット上でも酷評されている彼女が、なぜそこまで寵愛されたのか。実際に彼女と酒席をともにした国会議員はこう語る。

 

「彼女と銀座で2人で飲んだのですが、私の話をニコニコしながらずっと聞いてくれるんです。いかにも素直で私を尊敬してくれている感じでしたし、酔ってくるとウルウルした瞳で上目使いになって……。永田町なんてオッサンばかりですからね。あれをやられたら誰でも憎からず思ってしまうわけですよ」

 

呆れるほど単純だが、彼女の“落とし技”は効果絶大だったようだ。上目使いで永田町を渡り歩いて年間4千万円……。一刻も早く辞めてほしい。

【関連記事】
「産む機械」「自分が産まないと」政治家セクハラ発言集
“アラ100”の論客が警鐘「政治家に騙されてはいけない」
政治家愛人伝説 政敵の愛人店を乗っ取った田中角栄

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

パラダイス山元実演「蔓餃苑」レシピ第六弾は、豚の角煮!2016.08.29

「壺入り豚角煮餃子」これは餃界における大発見です。 角煮は、中華まんの生地より餃子の皮のほうが相性がいいんです。 皮のモッチモチ感と、中の餡のトロトロ感…… その絶妙な組み合わせ、是非味わってください...