【動画49】アルツハイマー病の母と息子が、オーストラリアに戻る日

母の混乱ぶりは、息子が、シドニーに戻るその日まで、続いた。

母は、心の中で息子が、自分の傍を、日本を離れる事が、信じられず、それが、<帰る>という事実を拒否した、としか説明がつかなかった。

imageこの映像の中の母は、息子が、シドニーに戻る事に対して、ひたすら納得出来ない、腑に落ちない、そんな感じだ。

一方、息子は、俯いて、私が、シドニーで使っていた携帯電話をいじっている。

そんな2人を撮っている私も、何となく気まずく、いつカメラを回すのを止めようか、と思っているところに母の爆弾宣言が、飛び出した。

「(私に向かって)子供に棄てられたのか。」

とっさに私は、母が、私に棄てられた、とずうっと思ってきているのだ、と気が付いた!

そうだったのか・・・

私は、カメラを回し続け、今度は、間髪を入れず、息子に聞いてみた。

image「(お母さんのことを)棄てたの?」

息子の返事は、ウン、棄てた、だった。

この答えは、私をホッとさせた。

そう言った後、息子は、少し照れながら、「分かんない。」と言った。

天晴れ、息子よ!

こんな時に、答えづらいことを平気で聞く母を許せ。

ああ、この子もクリエーターの仕事をするようになるのではないか、そんなことを思った瞬間だった。

しかし、息子と別れる瞬間、ふて腐れたまま、こたつから出ずに挨拶した我が母も、これまた天晴れだったなあ。

 

ドキュメンタリー映画監督 関口祐加 最新作 『此岸、彼岸』一覧

[この記事を第1話から読む]

 

関口家でも使っている、家族を守る”みまもりカメラ”

関連タグ: