image

5月24日、5人組アイドルユニット『東京女子流』が、都内で行われた主演のホラー映画『学校の怪談 呪いの言霊』の舞台挨拶に登場した。

 

 

ホラー映画にちなみ、メンバーそれぞれが恐怖体験を告白。新井ひとみ(16)が「床がじゅうたんだったのに、女の人がヒールで歩く “コツコツ     ”という音がして…。」と振り返ると、山邊未夢(17)は「私は不審者だと思って、棒を持って戦いに行ったんです」と話し、会場を笑わせた。

 

 

また、庄司芽生(16)が「大事な発表があります。7月にサンフランシスコ日本映画祭に招待されました」と告げると、客席からは歓声の嵐が。新井は、「学校の怪談に外国の方がどう反応するかとても楽しみ」と笑顔で話した。

関連タグ: