image

第75飯「イワシのさんがリングイーネ」

■材料(4人分)

・新鮮なイワシ      三枚におろした状態で約300g
・リングイーネ     300g
・味噌         30g
・シブレット(チャイブ)大さじ1.5
・パルメジャーノ    大さじ1.5
・ウスターソース    小さじ1.5
・ニョクマム      小さじ1.5
・マヨネーズ      お好みで少々
・片栗粉        小さじ1.5
・生姜のみじん切り   小さじ1.5
・にんにく       1片
・鷹の爪        1本
・オリーブオイル    適量
・塩          適量
・黒胡椒        適量

■作り方

① 新鮮なイワシを三枚におろす。包丁の背でうろこを引く。頭を落として肛門から腹部に包丁を入れ、はらわたをかき出し、流水で血合いをきれいに洗い流す。三枚におろして皮をはぐ。

② おろしたイワシを細切りにし、なめろうの要領で叩いていく。まな板の上で叩いては集め、叩いては集め、と繰り返して細かいミンチにする。みじん切りにしたシブレットと味噌を加え、パルメジャーノ、ウスターソース、ニョクマム、お好みでマヨネーズ、塩、黒胡椒で調味し、片栗粉を混ぜ合わせる。

image

③ パスタをアルデンテに茹でる。

④ 茹でている間に、フライパンに多めのオリーブオイルを引き、鷹の爪、潰したにんにく、みじん切りの生姜を入れて香りがでてきたらさきほどのなめろうを入れて軽く火を入れる。完全に火が入りきらないように気をつける。

image

⑤ 茹でたてのリングイーネに④をかけ、上からオリーブオイルとパルメジャーノ(分量外)を全体にふりかけたら完成。

image

*なめろうを焼いたものをさんが焼きと言います。
*イワシをおろすのが面倒な方は刺身になったものを買って来てください。
*シブレット(チャイブ)が無い場合はあさつきや薬味用の青ネギなどで代用ください。
*魚の臭いが気になる方はマヨネーズを加えてください。

レシピを紹介したエッセイは、
辻仁成 子連れロッカー「希望回復大作戦」ムスコ飯<エッセイ>で公開中!

【お知らせ】
本誌連載の料理を選りすぐったレシピ本『パリのムスコめし』発売中です!

関連タグ: