image

4月某日 東京

 

只今、久しぶりに歯を治療しております。ずっと長い間放ったらかしにしておいた様々なトラブルのツケが、ある日突然いっぺんに来てしまい、「まあでも大丈夫か」では済まされない事態になってしまいました。冒頭から何ですが、みなさん、ほんっとうに歯だけは楽観視していると後で大変なことになりますので、ちょっとでも不具合を感じたら、すぐに処置をしてもらうという癖をつけましょう。

 

さて、私の口の中で何があったのかざっとご説明しますと、かつてインプラントの失敗でいくつかの奥歯が欠損してしまったのをそのままにして、奥歯で噛むべきものを全て前の方で噛み砕こうと何年も頑張ってきたら、ついに前歯の幾本かが耐えられなくなったのか、いきなり折れたりもげてしまった、というわけです。奥歯と前歯のそれぞれの咀嚼の役割が違うということを、今更このトラブルによって痛感させられたのでした。

 

人間の体というのは進化とともにいろいろ合理的になってきているのに、なぜか歯というのは生物としての原始性を感じさせられる部位です。カバやネコ、ウマやワニといった生き物と我々はこれだけ作りや形状が違うのに、口の中で食料を噛む機能だけは同じです。人間が特別優れた生き物だというつもりは全くありません。しかし便宜性を優先にした結果二足直立歩行となり、脳味噌も大きくなり、不必要な場所に毛も生えてこなくはなりましたが、歯だけは他の体の部位に比べて、どうもそれほど進化していないように思えるのです。

 

子供の頃から歯医者に治療に行くたびに思っていたのが、これだけ体の中で大きな力を掛けられ(データによると奥歯に掛かる力はなんと成人男性で50~60キロだそうです。アザラシの生肉などを食べるエスキモーはその3倍)、しかも食べ物を砕くために上下左右に動かさなければならないという、体の中でも最も酷使される器官であるはずなのに、なぜもっと頑丈に進化しなかったのか、ということです。

 

そういえば、大好きな映画シリーズ007のいくつかのエピソードに出てくる、リチャード・キール氏演じる悪役ジョーズの歯は全て鋼鉄で出来ていましたが、あんな歯であれば虫歯に悩まされることもなく、好きなものをいくらでも噛みちぎることができるはずです。私世代はジュースやビールの栓抜きがないと、歯で引き抜こうとする無謀な人たちがいましたが、ジョーズの鋼鉄の歯であれば缶詰も石油缶も開けられるでしょう。

 

ジョーズといえばサメですが、サメの歯は2週間に一度生え変わるようにできています。あのシステムならちょっと虫歯になっても、新規の歯が生えてきてくれるおかげでいちいち治療に悩まされることもありません。サメの顎の骨格を見ると歯が何層にも生えていて、集合体恐怖症の私的にはかなりキモチ悪くはありますが、でも歯がひとつふたつ欠けても、ちょっと虫歯になっても、差し歯にしようか、インプラントがいいのか、はたまた入れ歯にするべきか、なんてことで悩まなくてもいいのは本当に羨ましい限りです。

 

ちなみに昨今のペットも、しっかり虫歯になりますし、そんなペットの虫歯を治療してくれる獣医さんもいます。虫歯予防ガムをはじめとするペットの虫歯予防商品も出回っていますが、調べてみたところ、野生動物は基本的に虫歯にはならないのだそうです。

 

image

脳や歯や骨など他の器官が命の長さについていけてない

虫歯菌は人間のように口内のphが酸性の環境だと増えるのだそうですが、動物の口の中のphは基本的にアルカリ性なので、虫歯菌が繁殖しづらいらしいのです。そして歯と歯の隙間があることも虫歯菌が繁殖しにくい理由のひとつでもあるそうです。だとしたら人間の歯もオール隙っ歯であればまだ虫歯率も低くなるのかもしれません。

 

ただ、野生動物であっても歯がうっかり折れたところから虫歯菌が増殖することもありますし、大事な歯が抜け落ちてしまうこともあるわけで、そうなると彼らにとってこうした歯のトラブルは致命傷となります。どこかの動物園のカバは歯が全て抜けてしまって何も食べることができなくなり、死にそうになっていたのを、入れ歯でなんとか持ちこたえさせたという話しを聞いた事がありますが、動物にとっては“歯がなくなる=死”を意味するわけです。

 

人間も、歯がなければしっかり咀嚼をしないまま食物を摂取し、それが原因で胃腸等に様々な疾患が発生してしまうことになりますから、歯が健康かどうかは最終的には生命にも関わることと言えるでしょう。

 

それと、ここが一番ポイントだと思うのですが、野生動物の場合はまず寿命が先に来てしまうので、虫歯だなんだと騒ぐ必要がない、ということです。だいぶ前のこちらのエッセイでも書いた、脳の老化と寿命の長さに共通することでもありますが、寿命がどんなに伸びても、脳や歯や骨など他の器官が命の長さについていけてないと、それはそれで過去の人間社会にはなかった問題が発生します。そしてそれが今の人間の体の現状なのです。昔であれば、歯が欠損するトラブルにあれこれ悩む前に、人は一生を終えていたわけです。

 

歯のことなど普段それほど考えもしないのに、治療を始めた途端に様々な思惑が頭を巡る今日この頃ですが、まずは健康な歯を取り戻して、瓶ビールの栓を抜くことはできなくても、エスキモーくらい固い肉を咀嚼できるようにはなりたいものです。

 

みなさん、とにかく歯を侮るなかれ!(というか今迄自分が歯に対して無関心過ぎたことを大反省中……)

関連タグ: