image

皆さん!こんにちは!!はちみつ姉妹です。桜の花も満開となり、すっかり春らしい季節ですね。さて今回は、はちみつの種類についてお話したいと思います。

 

世界には、ワインの数ほどはちみつがあると言われています。古くは紀元前2500年の古代エジプト文明の壁画に養蜂の様子が描かれていたり、日本でも日本書紀に養蜂をしていたという記述が残されていたそうです。また平安時代には、宮中への献上品のなかにはちみつの記録がありました。

 

このように、はちみつは古くから人々と共に歴史を刻んできました。しかしひとえにはちみつといっても、その味や色や香りは、場所、天候、蜜源によってさまざま。大きく分けると、単花蜜と百花蜜の2つに分類することができます。

 

単花蜜は、1つの草花から採れたもの。百花蜜は、さまざまな花から採れた数種類の蜜がブレンドされたものです。具体的には、それぞれ下記のような特徴があります。

 

image

 

.草花

クセがなく、やや薄めの色、優しい香りと甘みが特徴

例)レンゲ、クローバーなど

 

.樹木

華やかな香りと個性豊かな味わいが特徴

例)レザーウッド、菩提樹(リンデン)など

 

.ハーブ

スパイシーで爽やかな、各々のハーブの香りが特徴

例)タイム、ローズマリーなど

 

.ナッツ

ヨーロッパでは人気が高く、濃い色、香りが特徴

例)栗、コーヒーなど

 

.フルーツ

爽やかな味、すっきりした香りが特徴

例)みかん、リンゴなど

 

.百花蜜

季節や地域や蜜源となる草花によって、香り味もさまざま

 

はちみつには、ビタミンやミネラルをはじめ、アミノ酸、ポリフェノールなど豊富な栄養素が含まれています。この栄養バランスは、はちみつの種類によって変わってきます。色々なはちみつを試して、好きな香りや味を見つけてみてください。あなたも、はちみつの虜になってしまうかもしれません。

 

著者プロフィール


東出佳子
アーユルヴェーダ・メディカルハーブを学び、“美と健康”をコンセプトとした飲食店経営を経て、「肌から食す」という考え方に着目。  ΝZ産マヌカハニーとの出会いにより、長年抱えていた肌トラブルのニキビが改善。2009年、はちみつ美容研究家として活動をスタート。はちみつ美容を取り入れたトータルビューティーを提案している。  

東出直子
生まれつきアトピー性皮膚炎に悩まされ、予防医学・自然治癒学に強く惹かれる。  美容系商社でスキンケア商材、コスメ営業を経験。結婚、出産を機に「食す美」と健康に積極的に取り組む。シンガポールではベビーヨガインストラクター、モデルとして活躍。帰国後、2012年より姉妹ではちみつ美容家として活動を開始している。

 

関連タグ: