image

皆さん、こんにちは!はちみつ姉妹です。先日、40年の人生で初めて足の骨を折ってしまいました。休日の夜ということもあり、救急病院もなかなか見つけられなくて一苦労。どうにか病院を探してレントゲンを撮っていただいたところ、「足の指の骨が3本折れています」と言われ呆然。全治2カ月の松葉杖生活が始まったのです。

 

最初、その場に居合わせた妹や弟や友だちは、私が冗談で立ち上がれないと言っていると思って笑っていました。しかし本気だとわかると、一生懸命病院を探してくれたり、氷で足を冷やしてくれたり、おんぶして病院まで連れて行ってくれたりするなど、本当に親身に優しくしてくれました。また私が深刻になり過ぎないよう、明るく笑いに変えてくれたりもしました。そんな配慮に改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。と同時に、骨折するということがこんなにも生活に支障を及ぼすのだと知るキッカケとなりました。

image

そこで今回は、骨折した際に一日も早く日常生活を取り戻すことができる食事についてお話したいと思います。

 

骨は細胞の再生を繰り返して成り立っています。骨が折れるとストレスから大量のタンパク質が放出してしまい、それを補うため良質のたんぱく質をたっぷり摂取することが必要です。またコラーゲンはカルシウムの定着を助けるのに効果的なため、タンパク質と同時にコラーゲンを摂ることもよいでしょう。

 

ここで大切なのは、タンパク質やカルシウムは単体で摂取しても吸収されないということ。そのため、はちみつの持つビタミンDやクエン酸、オリゴ糖などをいっしょに摂取することで、吸収を促進しましょう。以下では、オススメのお食事をご紹介いたします。

 

《手羽先の甘辛煮》
【材 料】
・手羽先 8本
・はちみつ 適量
・醤油 大さじ3
・酒  大さじ3
・黒ゴマ 適量
・ゆずエキス 適量

 

【作り方】
① 肉と骨の間に切り込みを入れてボールへ、はちみつをかけて軽く揉む
② フライパンに油をしかず、弱火で両面をこんがり色になるまで焼く
③ 蓋をして、裏返しながら蒸し焼きにする
④ 醤油とお酒を合わせる
⑤ お肉から油が出るので、キッチンペーパーで油を拭き取る
⑥ ④で合わせて調味料を入れて蓋をする
⑦ ぐつぐつしてきたら蓋をとって裏返す
⑧ 中火にして揺すりながら煮詰める
⑨ きつね色になったら火を止める
⑩ はちみつを一回りかけて、ゆずエキスをかける
⑪ お皿にもりつけて黒ゴマをかけて出来上がり

 

とても簡単で効果的、栄養も摂取できるので是非お試し下さい!