image

image

あなたは大丈夫? 尻が垂れる日常の悪い習慣ワースト10とは?

「ヒップアップをするためにどれだけトレーニングをしても、日常生活の中でお尻が垂れてしまう習慣をやめなければ理想の美尻を獲得することは難しい」

 

そう指摘するのは、ヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ「hip joint」の代表渡部龍哉トレーナー。

 

ヒップアップ効果の高いトレーニング指導で、『マツコ会議』や『モヤモヤさまぁ~ず』といった人気テレビ番組に数多く取り上げられた〝美尻のスペシャリスト〟。現在、ヒップアップを求めるスタジオへの入会希望者が100名以上順番待ち状態。美尻を求める多くの女性から絶大な支持を集める予約の取れないゴッドハンドとして、人気モデルや芸能人たちがヒップアップと美脚を求めて彼の元に殺到している。

 

渡部トレーナーの指導を希望する多くの声に応えるべく、内科医の関由佳先生とタレントRikacoさんのメイク担当でもある鈴木美穂さん(美容学部)とともに「カラダメイク大学」という新たなプロジェクトにも着手しているヒップアップのプロフェッショナルである渡部トレーナーに、美尻になるために「避けるべき10のNG習慣」を教えてもらった。

 

「お尻が垂れる原因として挙げられるのは、日常動作の中でお尻の筋肉を使わずに太ももなど別の筋肉で代用する悪いクセや、股関節や太ももの筋肉の柔軟性の欠如、そして悪い姿勢です。美尻や美脚になりたいのなら、生活習慣の中でこれらを誘発するような行動は今すぐ矯正したほうがいいですね」

 

 

<渡部トレーナーが挙げる「お尻が垂れるNG習慣」ワースト10>

1. デスクワークなど座ることが多い

2. 背もたれに寄りかかって座ることが多い

3. ソファーでくつろぐのが大好き

4. 足を組んでしまう

5. 下を向いてスマートフォンを操作する

6. ヒールをよく履く

7. 子どもを抱っこする機会が多い

8. 立つ時にどちらかの足に体重を乗せて立つ

9. 猫背である

10. カバンをどちらかで持つ癖がある

 

3~4つ該当する人 →『お尻垂れ度40%』

5~6つ該当する人 →『お尻垂れ度60%』

7つ以上当てはまる人→『お尻垂れ度80%』

 

この10つの生活習慣は、仕事や通勤時間、家でくつろぐ際など、日常の中で多く遭遇する場面だ。その際、無意識にとっている行動のクセのせいで、あなたのお尻はどんどん垂れてしまうかもしれない……。

 

まずは渡部トレーナーが挙げる10のNG習慣を改め、これ以上お尻の垂れ度を上げないこと。そして、垂れたお尻をヒップアップするためのエクササイズを行うこと。この2つを実行することで美尻を手に入れよう。

 

<スパイダーストレッチ><フロッグストレッチ>と、これまで渡部トレーナーによる「美尻ストレッチ&エクササイズ」を紹介したが、3回目の今回は総仕上げのエクササイズとして2つのエクササイズを伝授してもらった。

 

「これまでのストレッチと同様、今回の2つのエクササイズも見た目は派手ではないですが、誰でも簡単にできてヒップアップ効果が高いメニューです。ポイントは、伸ばしたい筋肉や鍛えたい筋肉をしっかり意識しながら行うこと。今から始めて、夏までに後ろ姿がカッコいい美尻を手に入れてください!」

 

夏までに美尻になる!簡単ヒップアップ
3週目チャレンジ<クラムシェル>

「3回企画の最後のエクササイズ&ストレッチは、日常生活ではほとんど使われず鍛える機会も少ない『外旋六筋』のエクササイズです。この筋肉を鍛えることで、お尻と太ももの境目がくっきりして、メリハリのあるヒップになります」(渡部さん)

 

※『外旋六筋』の位置

(渡部トレーナーの手のあたりにある筋肉)

 

image

image

image

1)背筋を伸ばしてイスに座る際の状態で横向きに寝る

※頭の下に枕かタオルを丸めて置く

2)両足のヒザを90度に曲げてそろえる

3)視線は前に向け、腕はリラックスさせる

4)息を吸い、お腹を引き上げる

 

image

(正面から見た様子)

 

image

(横から見た様子)

 

5)お尻の下側の筋肉を意識して、かかとを離さないように可動する所まで脚を上げる

※上げることを意識しすぎると骨盤の位置が変わってしまい効果が出ないので注意

 

image

(正面から見た様子)

 

image

(後ろから見た様子)

 

6)ゆっくりと呼吸をしながら10回脚を上げる

7)向きを変えて逆の脚も同様に行う

 

<NG>

スタート時の姿勢が悪い

 

image

※上げる事を意識すると骨盤の位置が変わってしまい効果が出ない

 

夏までに美尻になる!簡単ヒップアップ
3週目チャレンジ<ワンレッグリフト>

1)壁が手に届く位置に立ち、両足を揃える

2)目線を前に向けて背筋を伸ばす

3)軽くヒザを曲げ、腰を90度に曲げる

 

image

4)壁を使って左手で体を安定させながら、右手で坐骨を引き上げる

※骨盤の後傾を防ぐため

 

image

5)左手は壁についたまま、壁側の足(左足)をゆっくり後ろに下げる

 

image

6)背筋は伸ばしたまま、左足を後ろに伸ばす

7)上体と左足が一直線をキープしたまま、上体を前へ傾けていきます

 

image

8)引き上げた時に身体のバランスをお尻で支えるイメ―ジで体を支える

※写真はわかりやすいように手を置く台を使用しています

 

image

 

<NG(1)>

お尻でしっかりと支えられないと骨盤が後傾してしまう

 

image

 

<NG(2)>

足を上げることを意識し過ぎると骨盤が外側に開いてしまう

 

image

(横から見た様子)

 

image

(後ろから見た様子)

 

<NG(3)>

ヒザが内側に入ってしまうと、お尻でなく前ももに負荷が掛かってしまう

 

image

 

 

【協力店舗】

「hip joint」

http://hipjoint.tokyo/

 

■住所:東京都渋谷区上原1-32-5 ロイヤルテラス403

■TEL:03-6407-1869

■営業時間:<月~金>10:00~22:30(最終受付20:30)<土日祝>10:00~18:30(最終受付17:30)

■料金例(パーソナル会員コース)

1回(60分)12,000 円/月額会員(60分×月4回)38,000 円

※現在、渡部龍哉トレーナーによるトレーニングは募集無し

 

image

「ヒップアップすることで、美しい姿勢になり、若さを保つ」ためのヒップアップ専門パーソナルトレーニングスタジオ「hip joint」。一人ひとりの姿勢やお尻を4タイプに選別し、その方に合ったオーダーメイドのヒップアッププログラムを提供しているのが特徴。高性能姿勢分析機により「姿勢」「骨盤の歪み」「筋肉のバランス」を計測するだけでなく、これまで2,000人以上の姿勢矯正を行った実績を持つ「身体のスペシャリスト」たちが、肩甲骨や骨盤をチェックし、身体の歪みや日常生活でついた悪い身体のクセを矯正。その方に合わせた「オーダーメイドトレーニング」をマンツーマンで指導していくため、原因を根本から改善し、現状を理想像に変えていく。キレイな姿勢とヒップアップした“美尻”になりたい人のためのパーソナルトレーニングスタジオ。

 

<「カラダメイク大学」について>

詳しくは、同プロジェクトLINEアカウントをご覧ください。

 

<新店舗オープン>

「hip joint和歌山店」(和歌山県和歌山市和歌浦南3-9-1 ブラックウッドFSビル3F)が6月1日オープン予定。詳しくは公式ホームページをご覧ください。

 

関連タグ: