image

「読むと心が軽くなる」「蛭子さんなのに、またいい話してる」「安定の競艇オチ」……とネット上で話題を呼び、たちまち4刷というヒットとなった単行本『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社・630円+税)。その好調な売れ行きに、「え、あの本が?信じられない……」と驚く蛭子能収(68)が、本誌読者からの相談に答える!

 

【Q】「彼氏に黙って風俗で働いています。親の借金を返すために仕方なく働きだしたのですが、彼が結婚しようと。彼をだましているようで、本当のことを告げようかと迷っています」(マツジュン子さん・24・OL・千葉県)

 

【A】「人生も競艇もスリルを楽しむもの」(蛭子能収)

 

ウフフ……、深刻な相談ですね。オレは風俗で働くことを否定しません。まして親の借金を返すためなら、それを聞いても「あっ、そう」と言うと思います。でも、彼に言う必要はないと思いますよ。ちょっとしたわだかまりになるかもしれませんからね。黙っていればわかりませんよ。バレたら、そのとき考えればいいんです。人生と競艇は、スリルがあるからおもしろいんですよ。

 

ただマイナンバー制度が始まると、風俗とかで副業をしていると、会社にわかってしまうとか(と、マネージャーからマイナンバー制度の説明を受け……)。

 

えっ、じゃあ、オレの場合、テレビや漫画などの収入が一本化されるということですよね。それよりギャンブルで勝ったお金はどうなるんですか?もしかしたら、あまり競艇で勝ったとか言わないほうがいいんですか?……まあ、どうせ負けてばかりですけど。昨日も10万円負けたし……ほんと、スリルがありますよね、競艇は。

【『蛭子能収のゆるゆる人生相談』たちまち4刷&電子書籍化!】

image

建前だらけの世の中に、疲れ果てたらこの1冊! 当コラムをまとめた“きれいごと、ゼロ”の単行本『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社・630円+税)好評発売中です。

詳しくは特設ページを。http://goo.gl/0A4DjB