image

毎週、こどもたちにひとつの“ありふれたモノ”を渡していき、創造される「あそび」をお送りする連載「70㎝の目線」。
今回のモノは、「ビニール袋 」です!

 

◯ 今日のこども 
たーくん (2歳11ヶ月)
好きなもの:納豆、うどん、かけっこ


image


image


image

image

image

image

 

【観察を終えて…】

ビニールを受け取った後、たーくんは3分ほどウロウロと部屋を歩きまわっていました。

ふと保育者が、ビニール袋に風が入るような動きをしていると、

それを見たたーくんは、いよいよ何かをひらめいたように、空気をつかまえようとしました。 

はじめはただビニールに空気をいっぱいにすることだけを考えていたようですが、そのうち、虫を捕まえる・妖精を捕まえるなどと想像力が広がりストーリーが展開していきました!

 

こどもたちの遊びをじっくりと見守ってみると、“1つのモノ=1つの遊び方”ではないということに気付かされます。

たまにはこどもの真似をして、これまでの経験や概念を手放して、大人の色眼鏡をはずしてみてください♪

まっしろな心で周りを見渡してみると、今まで気が付かなかった「ハテナ」や「わくわく」が見つかるかもしれません。

 

さて、あなたのお子さんに【ビニール袋】を1枚渡したら、どんな反応をみせてくれるでしょうか?地球環境のためにも、1枚1枚を大切に使って遊んでみてくださいね!

 

次回の素材も、普段なにげなく使っている生活用品。おたのしみに!