image

毎週、こどもたちにひとつの“ありふれたモノ”を渡していき、創造される「あそび」をお送りする連載「70㎝の目線」。
今回のモノは、「竹」です!

image 

今日のこども
ゆーくん (2歳6ヶ月)
好きなもの: 替え歌、電車、ゴミ収集車ごっこ

image

image

image

image

image

image

【観察を終えて…】

5回目のコラムにも登場したゆーくん。

竹を輪切りしただけの素材で遊び始めました。

変身グッズかのように自分の腕にはめて、何かになりきっています。

その後、カーペットの上や、床の上で竹を転がそうとしますが、うまく転がらず、悪戦苦闘。

5回ほど繰り返し、上手にできるようになりました!

転がった竹が止まる瞬間に、くるくると回ることに気づき、楽しい気持ちになったゆーくんは、さっそくお友達に伝えました。

2歳頃になると、遊びを共有したくなり、“誰かと一緒”の楽しさに気づいていきます。

一人でできることもあるけれど、誰かと一緒だと、さらに世界が広がりますね!

 また、1つの素材でも、他の誰かと遊んでみると、遊び方や反応に違いが見られることも、面白さの1つ。

こどももおとなも、その”違い”を楽しんでみましょう。

 

さて、あなたのお子さんに【竹】を渡したら、どんな反応を見せてくれるでしょうか?

次回の素材も、普段何気なく使っている生活用品。おたのしみに!