第174飯「牛肉のタリアータ」

■材料

タリアータ用牛ステーキ肉 800g〜1kg

胡椒

※お好みでルッコラ、パルメザンチーズ、オリーブ油、レモン

 

■作り方

【1】グリルパンを強火にかけ表面から煙が上がってくる位まで温める。

 

【2】室温に戻しておいた肉に塩胡椒をして油はひかずに片面からしっかり焦げ目がつくまで焼く。焦げ目がついたら肉の角度を変え、格子状に柄がつくように焼く。3~4分焼いたらまた別の面を同じように焼き、全体にしっかりと焼き色をつける。

 

 

【3】肉の焼き具合を確かめるために、親指と人差し指を合わせてOKサインを作り親指の付け根を押してみたのと肉の硬さが同じになるのがいい焼き具合の目安なので試してみる。

 

 

【4】肉が焼けたらアルミホイルに包み15~20分ほど休ませる。

 

 

【5】食べる直前に薄く切り分け、好みのソースでいただく。

 

 

※本場イタリアではルッコラとパルメザンチーズを散らし塩とレモンをかけていただきます。

 

関連タグ: