Firenze, Museo Nazionale del Bargello / On concession of the Ministry of cultural heritage and tourism activities

話題のスポットに本誌記者が“おでかけ”し、その魅力を紹介するこの企画。今回は、理想の身体美を見に行ってきました!

 

「最後の審判」などの絵画で知られる、ミケランジェロ。実は彼、自らを「彫刻家」と呼んでいました。そんな天才の真骨頂とも呼ぶべき彫刻品が楽しめる「ミケランジェロと理想の身体」が国立西洋美術館にて9月24日まで開催中。

 

本展では、世界に約40点しか現存しないミケランジェロの大理石彫刻から、傑作といわれる『ダヴィデ=アポロ』と『若き洗礼者ヨハネ』が初来日。ミケランジェロの彫刻作品が、所蔵元から離れるのはかなり貴重なことだそう!

 

この2つを核として、古代ギリシャ・ローマとルネサンスの両時代の芸術家がつくりあげた理想の身体美に迫っていきます。隆々たる男性の彫刻のほか、幼児のぷよぷよムチムチした体形の彫刻もさわりたくなるほどにリアリティがあって、楽しめました。

 

そしてお目見えした『ダヴィデ=アポロ』。肩に手を回したポーズが特徴です。未完ゆえに、聖書の英雄ダヴィデか、はたまたギリシャの神・アポロなのか、謎に包まれています。後ろもじっくりと見ることができるので、ぜひチェックを。

 

『若き洗礼者ヨハネ』は、20世紀前半にスペインの内戦によって被害を受けたものの、長年の修復でよみがえりました。ミケランジェロが20歳でこの作品を仕上げたという事実に、天才ぶりを改めて実感します。

 

絵画もいいけど彫刻鑑賞も楽しいかも、と思えた展覧会でした。

 

《ダヴィデ=アポロ》
ミケランジェロ・ブオナローティ
1530年頃 フィレンツェ、バルジェッロ国立美術館蔵 高さ147cm 大理石
Firenze, Museo Nazionale del Bargello / On concession of the Ministry of cultural heritage and tourism activities