話題のスポットに本誌記者が“おでかけ”し、その魅力を紹介するこの企画。今年は「チキンラーメン」誕生60周年。発明した安藤百福さんとその妻がモデルという朝ドラ『まんぷく』も10月からスタート。そこで今回、インスタントラーメン発祥の地「カップヌードルミュージアム 大阪池田」でチキンラーメン作りを体験してきました!

 

■「カップヌードルミュージアム 大阪池田」大阪府池田市/入場料無料

 

まずは電話かウエブで予約。平日ならまだ空きはあるかも。チキンラーメンのキャラクター「ひよこちゃん」のバンダナを頭に巻き、2人1組で小麦粉に練り水を加え、こねます。生地を麺棒で強く押さえる作業は、なかなかの力仕事。

 

成形した生地を袋に入れて少し熟成させ、麺を切り出して1人前ずつにします。蒸した麺を手早くほぐしてスープをかけると……ん~、いい香り。瞬間油熱乾燥法で、油で揚げたチキンラーメンを、自分で絵を描いたパッケージに入れて完成! トータル90分ですが、あっという間でした。チキンラーメン1食と自作の1食に、ひよこちゃんバンダナのお土産つき! これはうれしい。

 

1食300円でカップに自分で絵が描ける「マイカップヌードルファクトリー」は予約不要。4種類から好きなスープを選び、エビやひよこちゃんナルトなど12種類から4つの具を選べます。全部で5,460通りも作れるそうで、こだわりの1食ができます。最後に入れるエアパッケージもユニーク。

 

これならお土産やメッセージカード代わりにも使えそうです!