【今週の悩めるマダム】

 

大学2年生の息子が先日、初めて彼女を連れて帰ってきました。現在2人は半同棲中なのですが、息子には勉強に集中してほしいので家賃と月5万円の仕送りをしてきました。恋愛にうつつを抜かしていては本末転倒。夫も「同棲させるために仕送りをしてるんじゃない」と怒っています。(京都府在住・50代女性)

 

昨日、息子の志望高校の説明会に出席してまいりました。シングルファザーになったころ小学生だった息子も来年高校受験です。息子が独り立ちするまであと10年。つまり70歳まで必死に働かないとなりませんね。でも、それは親の役目だと思っています。父親1人で育ててきましたが、何ひとつ恥ずかしい思いはさせなかったと自負しております。寂しい思いはさせたかもしれませんが、とっても良い子に育っています。人の悪口は言わず、バレーボール部のキャプテンで友達に愛され、荷物も持ってくれますし、食べたお皿は自分で洗います。落第しかけた時も二人三脚で乗り越えてきました。

 

息子がもし、大学2年の秋に恋人を連れてきてくれたら私はきっと泣くでしょう。嬉し泣きです。彼女と半同棲をしていると知ったらもっと嬉しいと思います。きっととっても素敵な子を見つけるはずです。息子が幸せになることだけを夢見て毎日生きています。自分は奔放に生きてきました。結局、自分のもとに残ったのは息子しかいません。彼も親の離婚で苦しんだ時期がありますが、それを乗り越えて出会った恋人です。そっと見守りたいと思います。

 

奥様のお悩みを読んだとき、良い子だな、と思いました。息子さんが彼女を実家に招いたということだけで、その光景が目に浮かびます。普通、連れてきませんよ。うちの息子も良い子ですけど、連れてくるかなぁ。結婚を決めたときにはさすがに「会わせたい人がいる」と連絡があるかもしれませんが……。だから、息子さんは心配してくれるお父さんお母さんに恵まれ、愛のある家庭ですくすくと育ってきたのだろうな、と想像することができました。

 

「恋愛にうつつを抜かしていては本末転倒」とありますけど、奥様は多分、僕よりも年下ですから分かると思いますが、その年齢だと周りの活発な子たちはみんな恋人がいて半同棲というのかそういう青春を送っていましたよね? 恋愛と勉強は両立できます。大学時代の恋愛は、その子の将来を左右します。一番記憶に残る恋愛期間だからであり、その後の人生の礎になります。だからこそ、ご両親にわざわざ会わせに来たということは素晴らしいことです。僕が奥様だったら息子が連れてきた彼女を「よく来たね、ありがとう。この子をよろしくね」と言って抱きしめるでしょう。

 

多分、息子さんは愛するお母さんに恋人をどうしても紹介したかったはず。このお話の鍵はお母さんが握っています。お父さんにこのことをどう繋げるか考えてください。父親は母親次第だと思いますから。きっと素敵な息子さんなのだろうと思いました。次に息子さんの恋人と再会する機会があればぜひ抱きしめてあげてください。はい、僕からは以上です。

 

【JINSEIの格言】

 

うちの息子も将来、彼女を連れてきてくれるといいなぁ。その日がやってきたら、きっと号泣しちゃいます!(笑)そして、彼らのために美味しいご飯をたくさん作るでしょう。

 

 

この連載では辻さんが恋愛から家事・育児、夫への愚痴まで、みなさんの日ごろの悩みにお答えします! お悩みは、メール(jinseinospice@gmail.com)、Twitter(女性自身連載「JINSEIのスパイス!」お悩み募集係【公式】@jinseinospice)、またはお便り(〒112-0811 東京都文京区音羽1-16-6「女性自身」編集部宛)にて絶賛募集中。 ※性別と年齢を明記のうえ、お送りください。

 

以前の連載「ムスコ飯」はこちらで写真付きレシピを毎週火曜日に更新中!

関連タグ: