「スヌーピータイムカプセル展」へ、PEANUTSの世界を体感
(C)2019 Peanuts Worldwoide LLC

話題のスポットやエンタメに本誌記者が“おでかけ”し、その魅力を紹介するこの企画。今回は、世界でいちばん有名なビーグル犬、スヌーピーが登場するコミック『PEANUTS』が’20年に生誕70周年を迎えるのを記念した、全国初の展覧会へ行ってきました。

 

■「PEANUTS 70th Anniversary スヌーピータイムカプセル展」東京・西武池袋本店別館2階(西武ギャラリー)にて12月29日まで開催

 

タイムカプセルをテーマに年代ごとに歴史をたどる本展。最初の「タイムリープ」コーナーでは、『PEANUTS』と原作者チャールズ・M・シュルツ氏の歴史を振り返ることができます。’93年3月30日は、チャーリー・ブラウンが連載43年目にして人生初のホームランを打つことができた……など、じっくり読んだあとは作品通になれるかも。

 

このコーナーを過ぎると、’50年代から’00年代までのコミック内のイラストが展示されています。のぞいてみたり鏡の前に立ってみたりとちょっとした仕掛けがあり、より世界観を楽しめます。フォトスポットも点在しているので片時もスマホを放すことができません。

 

入場する際に渡される「鍵」も本展を楽しむポイント。会場内に隠された5カ所のコミックイラストに鍵をかざしていくと、最後にイラストをもらうことができます。そして会場の最後にはアニバーサリーマーケットが。イベント限定品がなんと約100種! いろいろと欲しくなり、迷うこと必至です。

 

スヌーピーたちについて学び、見て、撮ってと興奮が止まらない展覧会です。全国を巡回するので、お近くに来た際はぜひ!

 

「女性自身」2020年1月1日・7日・14日号 掲載

関連カテゴリー: