“特殊技法アニメ”が描く「現実と非現実が入り混じった世界」

家の中で楽しめるエンタメや流行を本誌記者が体験する“おこもりエンタメ”のコーナー。今回は、Amazon Prime Videoで独占配信中のアニメーションドラマ『アンダン〜時を超える者〜』をご紹介します。

 

■アニメーション・ドラマ『アンダン〜時を超える者〜』全8話。Amazon Prime Videoで独占配信中

 

28歳のアルマは、恋人サムとの同棲もうまくいっているのに、繰り返しの人生にうんざり。過干渉の母親や婚約を自慢する妹を冗談や嫌みで受け流していますが、そこに突然、20年前に亡くなった理論物理学者の父が現れます。父の死の秘密を探るうち、アルマは、時間や場所を行き来する不思議な現象に包まれていきます。

 

冒頭、アルマが交通事故を起こすシーンから始まるこの作品。ロトスコープアニメーションといって、実在の俳優が演じたものをアニメに変える手法で作られ、現実と非現実が入り交じったような世界が描かれていきます。記者もよく変な夢を見るのですが、まさにこんな感じ。鏡の国のアリスになった気分になります。

 

アルマは自分に欠陥があると言っていて、その原因が家族にあることがわかってきます。やがて先住民のシャーマンらしき血を受け継いでいると知り、自分の中に秘められた不思議な力に目覚めます。記者は、自己肯定感を持てない若き女性が、自信を取り戻す成長物語と感じました。

 

1話約20分、全8話で、オカルト要素やSF要素もたっぷり。展開がとても速いので、吹き替え版がオススメです!

 

「女性自身」2020年1月21日号 掲載

関連カテゴリー: