手間がかかる分最高に美味しいラザーニャ(辻仁成「ムスコ飯」第246飯レシピ)

第246飯「手間がかかる分最高に美味しいラザーニャ」

 

■材料

 

<パスタ生地>

強力粉         300g
卵           3個
オリーブオイル     大さじ3
塩           少々

 

<ボロネーズソース>

牛ひき肉        400g
玉ねぎ         大1個
にんじん        大1本
セロリ         1本
にんにく        2片
赤ワイン        300ml
オリーブオイル     大さじ3
トマト缶        2個
トマト         4個
醤油          小さじ2
バルサミコ酢      小さじ2
塩・こしょう      適量

 

<ベシャメルソース>
バター         60g
小麦粉         60g
牛乳          800ml
ほうれん草       1束
塩・こしょう      適量
ナツメグ        適量

 

■作り方

【1】まずは生地作りから。ボールに強力粉を山型に入れ、くぼみをつけて卵、オリーブオイル、塩を加え、手で揉むように混ぜる。生地がひとつにまとまったら生地を台に移し、10分ほどこねる。

 

【2】生地が滑らかになったら生地をボール型にまとめ、ラップで生地を包み、休ませる。※最低1時間以上、できれば一晩寝かせた方がよい。

 

【3】次にボロネーズソース作り。オリーブオイルとみじん切りにしたにんにくを弱火にかけ、香りがでてきたらみじん切りにしたセロリ、にんじん、玉ねぎを加えて炒める。

 

【4】飴色になるまで炒めたら、そこに塩・こしょうした牛ひき肉を加え、よく炒める。さらに赤ワイン、トマト缶、ざっくり切ったトマトを加えて煮込んでいく。

 

【5】バルサミコ、醤油、塩・こしょうで味を調えたらボロネーズソースの完成。

 

【6】そしてベシャメルソース作り。フライパンにバターを溶かし、小麦粉を加えてよく混ぜ合わせたら牛乳を加える。

 

【7】を泡立て器でよく混ぜ、とろっとなったら、茹でて細かく切ったほうれん草を加える。そこにナツメグを加え、塩・こしょうで味を整えてベシャメルソースの完成。

 

【8】寝かしておいたパスタ生地を少しずつちぎり、打ち粉(分量外の強力粉)をしながら、できるだけ薄く伸ばす。※とにかく薄くするのが美味しくするコツ。

 

【9】お湯を沸かし、塩(大さじ1)とオリーブオイル(大さじ1)をくわえ、ラザニア生地を少しずつ茹でていく。生地をお湯に入れ、沈んだ生地が浮き上がってきたら乾いたタオルの上に出していく。

 

【10】オーブン皿にベシャメルソースを薄くひき、ラザニア生地、ベシャメルソース、パルメザンチーズ、ラザニア生地、ボロネーズソース、小さく切ったモツァレラチーズ、の順番に重ねていく。

 

【11】最後は全部の具をのせ、180度に熱したオーブンで30分から40分焼いて完成。

 

 

 

【お知らせ】

辻仁成さんによる新連載の人生相談「悩めるマダムたちへ――JINSEIのスパイス!」がスタートしました。人生経験豊富な辻さんが、恋愛から家事・育児、夫への愚痴まで、みなさんの日頃の悩みにお答えします!お悩みは、メール(jinseinospice@gmail.com)、Twitter(女性自身連載「JINSEIのスパイス!」お悩み募集係【公式】@jinseinospice)、またはお便り(〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6『女性自身』編集部宛)にて絶賛募集中。性別と年齢、居住地を明記の上、お送りください。

 

【YouTubeでもレシピ動画公開中!】

関連カテゴリー: