【ポップな心霊論】「生き霊にも興味を持たれていない先輩芸人」
(イラスト:マユボンヌ)

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(28)。『ポップな心霊論』は、彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

 

【先輩芸人の超レアな生き霊事情】

 

このコーナーでも何度もお話ししてますが、生き霊っていうのは「好意でも恨みでも、強い感情を持たれていると、つく」「なかにはどんなに強い感情でも、生き霊を寄せ付けない体質の人もいる」という基本的な法則があります。

 

でも先日、その法則にまったく当てはまらない憑かれ方をしている人に出会ってしまいました。よしもとの先輩なんですけど、知名度のわりにものすごい数の生き霊を連れてるんですよ。

 

ただ、よく見てみると、誰もその先輩にそこまで興味がないみたいで。「ちょっと気になってる」とか「たまに思い出す」レベルの人たちなんです。

 

僕も初めて見る憑き方だったので、どういうことなのかはさっぱりわかりませんでした。たぶん、先輩がちょっとした好意でも生き霊を引っ張ってきちゃう体質なんだと思うんですけど。

 

これまで僕が霊視してきた芸人のなかで、好意的な生き霊がたくさんついていた人は、ほとんど売れてきていて。でも、先輩の場合はそのパターンにはあてはまらなさそうです……。

 

とはいえ、状況が悪くなることもなさそうなので、先輩には「現状維持です」と伝えました(笑)。

 

【お知らせ】
はやともさんへのファンレター・心霊相談は、
〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6
光文社・女性自身編集部「ポップな心霊論」係まで!

 

「女性自身」2020年2月11日号 掲載

関連カテゴリー: