【玉置妙憂の心に寄りそう人生相談】宣言解除直後、上司からの出勤命令にモヤモヤ

【連載】玉置妙憂の心に寄りそう人生相談<第30回>

TBS『グッとラック!』のレギュラーコメンテーターをはじめ、数々のメディアにも紹介され大反響を呼んでいる新書『死にゆく人の心に寄りそう~医療と宗教の間のケア~』(光文社)の著者・玉置妙憂さんが毎週、読者の悩みに寄りそい、言葉を贈ります。

 

【今回の相談内容】

緊急事態宣言が解除されてからの会社の指示に少しモヤモヤしています。宣言が出されてから私の会社は全面的に在宅勤務となったのですが、解除された途端に会議のために出社しろと上司から連絡が入りました。自粛が一部緩和されたとはいえ、まだまだ新型コロナウイルス感染の不安は残っていますし、満員電車の日々に舞い戻れば感染リスクも高まる気がします。なので、個人的にはなるべく外出を控えたいのですが、どうしても上司や同僚の目が気になってしまう……。どうすれば正解なのでしょうか。(35歳・女性・会社員)

 

【回答】

いや、おっしゃる通りです。いったいどうすればいいのか、“正解”がわかりません。たぶん正解を知っている人は、この世の中にひとりもいないのじゃないかしら。

 

でも、みんながわからないのだとすれば、最終的な判断は自分でするしかないのだと思います。上司や同僚の目を気にして自らの命をかけて会社に行くか。自分の命を守るために会社を捨てるか。今回の新型コロナウイルスは、それぞれの個人に究極まで突き詰めた選択を問うていると感じます。

 

ただ、もちろん事の大小はありますが、じつはこれまでだってそうだったのです。道を歩けば、交通事故に遭うかもしれないし、犯罪に巻き込まれるかもしれないし、上から物が落ちてくるかもしれない。いつだって命の危険は決してゼロではありません。

 

でも、日々の生活のなかで私たちはそんなことなど考えもせずに「この命は必ず明日も続いていくものだ」と根拠なく信じ込んできたでしょう? その根拠なき確信が崩されただけ。私たちはもともと「明日をも知れない命」を抱えているのだということを見せつけられただけなのです。これが、今回の新型コロナウイルスがもたらした大きな事象です。

 

さあ、どう生きていきましょう。一切の危険を排除しつつ衣食住が足るという方法はないものでしょうか。それを見つけられたら万事OKなのですが、なかなかそうはいきません。

 

どこかで折り合いをつけて、妥協して、ときに諦めて、覚悟して、事に及ばなければならないようです。あなたの大事な命がかかっているのですよ。他人の目なんて気にしている場合ではありません。最終的な判断は、あなた自身が全責任を負ってする。そしてそれが、あなたの“正解”となるのです。

 

【プロフィール】

玉置妙憂(たまおきみょうゆう)

看護師・看護教員・ケアマネージャー・僧侶。「一般社団法人大慈学苑」代表。著書『死にゆく人の心に寄りそう』(光文社新書)は8万部突破のベストセラー。NHK『クローズアップ現代+』、『あさイチ』に出演して大きな話題に。現在、TBS『グッとラック!』(火曜)のコメンテーターとニッポン放送『テレフォン人生相談』のレギュラーパーソナリティを務める。

関連カテゴリー: