『アイアンマン』主演が『ドクター・ドリトル』で魅せる
(C)UNIVERSAL STUDIOS AND PERFECT UNIVERSE INVESTMENT INC, ALL RIGHTS RESERVED. 画像を見る

家の中で楽しめるエンタメや流行を本誌記者が体験する“おこもりエンタメ”のコーナー。今週は6月に公開され、さっそくソフト化された映画『ドクター・ドリトル』をご紹介します。

 

■『ドクター・ドリトル』11月20日DVD発売。価格/ブルーレイ+DVD4,527円、4K UltraHD+ブルーレイ6,345円(ともに税別)。発売元/NBCユニバーサル・エンターテイメント

 

ドクター・ドリトルといえば、エディ・マーフィが医師のドリトルに扮し人気を博したシリーズですが、それから約20年。舞台やキャストが一新されての映画化です。気になるドリトル役は『アベンジャーズ』や『アイアンマン』のロバート・ダウニー・Jr.です。

 

物語の舞台は昔むかしのイギリス。動物と会話ができるドクター・ドリトルはちょっと変わり者。ある日ドリトルのもとに少年がやってくるのですが、病いに倒れた女王を救うために、少年、動物たちと一緒に伝説の島へ冒険に出ることになるのです。

 

やはり見どころは動物たちや大海原のリアルなCGでしょう! 壮大な自然を背景にした(これもほぼCGだと思います)臨場感ある映像は、映画館の大スクリーンで見たらもっと興奮しただろうなと少し悔やまれるほど。もちろん自宅で見てもその迫力は十分に伝わってきます。

 

そして本作は、キャストの豪華さも話題に。エマ・トンプソン、ラミ・マレック、セレーナ・ゴメス……と今をときめくスターたちが出演! ではなく、動物たちの声で出演です。ぜいたくすぎます。

 

人間と動物たちの友情、団結力を映像でばっちり見せてくれる、これぞエンタメ! な作品でした。

 

「女性自身」2020年12月1日・8日合併号 掲載

関連カテゴリー: