_dsc5322そんな翔子さんの恋心に接して、泰子さんが思い当たったことが華厳経の『唯心経』。

百字心経の中に“心が全てを決める”という教えが凝縮されている、世界一美しいといわれる経典である。

この数年、楷書で写経に精を出している泰子さんは、翔子さんの恋をこう解釈する。

「恋なんて実態がなくて、いつも不安で脆くて危ういものです。けれど翔子の恋心は自分の心が好きであれば相手も同じように好きでいてくれる、という、心が全てを決める、心のありようを学びまして。ダウン症だからこれもできない、あれもできない、ではなくあれも、これもできるじゃないと信ずれば、本当にそうなってゆくと信じる心を見習おうかと思ったのです」

 記者も、その恋について翔子さんに聞いてみた。すると、いま恋をしている相手は複数いるのだという。

名前を挙げてもらうと、塔屋アキラ、大谷敦士、上杉和也、孫悟飯、などといったどこかで聞いた名前。

アニメや漫画のイケメンキャラではないか。

中でも「アキラ君とは結婚する。同じ髪型に切るの」とラブラブなムードだ。

泰子さんがいうところの“素晴らしい悟りの世界の住人”である翔子さんは空想の世界と現実の世界を自在に行き来することができるのだとも。

「切ないですよね。実は、最後に好きになったN君のことは、学校を卒業してからも3年くらい揺るぎなく好きだったのですが、本当はなにかあったらしくて、要するに振られたんでしょうね。それ以来、あまり現実の人と両想いをしていないのです。自分の失恋より切ないですね」

 翔子さんに本当の恋をさせてあげたい、と願うのは泰子さんの切なる気持ちでもある。

>>続きは明日 毎日更新中

関連タグ: