橋下徹不在の大阪8区に典子夫人「最強のママ友軍団」動員

現在、全国遊説中の『日本維新の会』橋下徹代表代行(43)。そんな代表代行不在の大阪を支えているのが典子夫人(43)だ。

代表代行不在の大阪8区から立候補している『維新の会』木下智彦候補(43)は、橋下氏と典子夫人の高校時代の同級生だが、彼の選挙応援を夫人も買って出ているという。

「木下氏は、橋下氏が大阪府知事に立候補した際、誰より手弁当で応援に駆けつけてくれました。その恩を典子夫人は忘れていないようで、夫の代わりに応援にかけつけているようです」(前出・政治部記者)

木下候補は本誌の取材にこう答える。

「彼女は選挙事務所に足を運んで手伝ってくれます。周囲にも、私が選挙に出ることを話してくれるみたいです。彼女がすごいのは、お友だちを10人、20人とたくさん連れてきてくれることです。今日も朝の演説をしたときに、お友だちがビラ配りをしてくれました。本当に助かっています」

彼女が7人の子育てをするなかで培ったママ友の繋がり。そんな“最強のママ友軍団”を総選挙でも動員しているようだ。木下候補が続ける。

「選挙のビラは枚数が制限されていて、証紙を貼ったものでないと勝手に配れません。それが約7万枚あるのですが、彼女たちのお陰もあって、初日のうちにすべて貼り終えることができました。先日も選挙事務所に戻ると、『頑張ってね』とばかりに肘でコンコンと突かれました。彼女の気持ちが伝わってきましたね」

 

関連タグ: