image

グラドルとの不倫を認めて、2月に議員辞職した宮崎謙介・前衆院議員(35)。産休から復帰した妻の金子恵美衆院議員(38)は、最近の宮崎氏の様子を問われて、「私から申し上げるべきではないと思います。一般の人になりましたので」と言葉少なだった。

 

4月8日、その宮崎氏の姿が、都内の繁華街にあった。だが驚くことに、その姿は大きくイメチェン!

 

夕暮れ時、東京・赤坂の議員宿舎から、携帯電話で話しながら出てきた宮崎氏。カジュアルな紺ジャケット&細身のコットンパンツ。短く切った髪をツンツンにスタイリングし、黒縁のおしゃれメガネをかけて、ヒゲまで生やしている。スーツにネクタイ、長めの髪型だった議員時代から大変身、パッと見は別人のよう。永田町きっての“チャラ男”と言われていた昔のイメージに逆戻りしていた。

 

「宮崎氏は、議員宿舎の金子議員の部屋に今も住み、妻の金子議員にはひたすら平身低頭だそうです。地元の新潟から出てきている金子議員の母親にも尽くす日々です」(自民党職員)

 

この日は1人で街へ繰り出した宮崎氏だが、彼が向かったのは仕事帰りのサラリーマンでごった返す新橋。駅で友人らしき男性と合流すると、駅近くにある岡山県・鳥取県の共同アンテナショップに入っていった。

 

ショップ2階のレストランに入店した宮崎氏は、男友達と食卓を囲んで談笑。再就職の相談でもしていたのだろうか。食事をしながら笑顔も見せていた宮崎氏だが、時折ふと窓の外を眺めては、物思いにふけるような表情を見せることも……。

 

2時間後、友人の買い物にも付き合った宮崎氏は、そこで友人と別れると、優雅にタクシーで帰途に就いた。この吹っ切れよう、“政治家復帰”は本当になさそうだ。

関連タグ: