image

今年5月、スポーツ紙で突然、50代セレブ男性との「年内結婚」が報じられた、“浪花のエリカ様”こと上西小百合衆院議員(33)。だが驚きとともに不審の声が挙がったのが、ほかならぬ永田町界隈だった。

 

「彼女は、昨年4月に国会をサボって男性秘書と旅行していた“疑惑”で、維新の党を除名されました。この男性秘書とは“男女の仲”とずっと言われてきたんです。そこに突然、じつはお金持ちの“婚約者”がいると言われても、すぐに信じられませんよ(苦笑)」(政界関係者)

 

はたして真相は? 東京・赤坂の議員宿舎から出てきた上西議員を直撃した。

 

――婚約おめでとうございます。

 

すると「婚約というか……」と言葉を詰まらせる上西議員。結婚式の日取りを聞くと、

 

「そんなの決まっていませんよ。まだ、結婚を前提にお付き合いしているだけなんです」

 

戸惑った表情で、しきりに“結婚は決まっていない”と強調した。だが、次の質問をぶつけると、彼女は急に顔を赤らめた。

 

――でも、結婚は考えてるんですよね?

 

「ん、それは私も年齢が年齢なので、そろそろ結婚したいとは思ってます……」

 

――お相手はショーンKさんに似ているそうですが。

 

「草刈正雄さんとか、いろいろ言われるんですけど、そういう系統のお顔です(笑)。穏やかで、私の話を聞いてくれる方。こんな性格の私を受け止めてくれる方です。お酒を飲みながら、私の話を聞いてくれたりしてくれます」

 

そしてこんな不満もポツリ。

 

「でも最近は会えていないんですよ。私が選挙があるとかないとかで忙しくて。でも交際は順調です」

 

寿引退となれば、祝福する人は多いかも!?

関連タグ: