image

石田純一(62)の出馬騒動で一躍注目を集める東京都知事選。勢いを増す自民党で“本命”と目されているのが、増田寛也元総務相(64)だ。

 

元建設官僚で、95年に岩手県知事選で初当選した増田氏。彼の秘密兵器は妻・満喜さん(57)だという。永田町関係者が語る。

 

「川崎製鉄副社長の令嬢という超セレブですが、ブランドものにはほとんど興味なし。質素で決して出しゃばらず、『鳩山幸さん(73)と真逆のタイプだ』と評判です。でも、いっぽうでは胆力もある人。岩手県知事選の際は出馬を反対し、あの小沢一郎さんが東京からわざわざ彼女を説得しに乗り込んできました。その際、小沢さんが土下座で説得したそうですが、それでも満喜さんは首を縦に振らなかったといいます」

 

しかしいざ夫が知事になると、今度は管理栄養士や野菜ソムリエの資格を活かしてサポートし始めたという。

 

「選挙では一汁三菜の朝食を常に用意し、夫の健康管理役を担当。当選後も食の講演で全国を周り、知名度アップに貢献しました。政界にもパイプがあって、石原伸晃都連会長(59)とは大の仲良し。今回の出馬の陰にも、彼女の橋渡しがあったと言われています」(前出・永田町関係者)

 

果たして最後に笑うのは!?

関連タグ: