「『ネコ従業員』たちが添い寝をしてくれる」と、ひそかな人気を集めるエステサロンが、福岡県・博多にある。

 

「店名の『ラ・マン・ド・シャ』とは、フランス語で『猫の手』という意味です」と、笑顔で話すのは、エステシャンでオーナーの平野一志さん。お店で出迎えるのは、親兄妹6匹のネコ。8年前、平野さんが自宅近くで捨てられていた父ネコのサンを保護したのが、きっかけだ。

 

お客さんが来店すると、「待ってました」とばかりに2匹のネコが膝の上に飛び乗った。施術が始まると、ネコたちはベッドに寝ているお客さんの上に遠慮なく乗ってきて、毛づくろいしたり、眠ったりとやりたい放題。なんとも珍しい光景だ。

 

「自然とこうするようになったんですよ。お客さんの体の上は温かくて気持ちがいいみたいですね。とくに冬場は寒いので、すぐにたくさんのネコが乗りますよ(笑)」(平野さん)

 

本誌が取材に訪れたこの日、フェイシャルマッサージを受けにきていた女性客の体の上には、最高で4匹のネコが! しかし、女性客は「大勢で乗られるとさすがに重たいんですけど、ネコたちの体温が伝わってきて、とても心地いいんです。すごく癒されます」と、うれしそうだ。

 

「来店されるお客さまの半分以上は『ネコたちがいるのがここに来た理由です』とおっしゃっています」と平野さん。美肌、痩身になりながら、ネコたちの添い寝サービスも受けられ、一石二鳥の癒しが味わえるサロンなのだ。

関連タグ: