「歯ブラシが届きにくい場所こそプラーク(細菌の集まり)やステインがたまりやすい部分。フロスを使うことでプラークの除去率が高まり虫歯のリスクを減らすことができます」

 

そう話すのは、岡山歯科医院院長で医学博士の岡山正明先生。“年とともに黄ばんできた”“隙間が開いてきて、老けて見える”……メークではごまかせないから、年齢が如実に出るのが歯だ。

 

健康な歯を保つためには、歯ブラシでは届かない歯と歯の間や、歯並びの悪い部分へのデンタルフロスが必須だと岡山先生は言う。また、デンタルフロスでプラーク除去を行うことでこんな効果が。

 

「歯間のプラークなどは口臭の原因にもなるので、使い続けることによって口臭も抑えられます。フロスを使って出血がある場合、そこに虫歯菌や歯周病菌がいるというサインです」

 

歯ぐきを傷つけないように慎重に行っても、毎回同じところで出血するようであれば、歯科医に相談しよう。

 

「フロスは使い慣れるまでに少し時間がかかるかもしれませんが、慣れてしまえばかんたんです。使っていない人には、なるべく早く習慣にすることを推奨しています。1日1度は必ず使ってほしいですね」