まもなく春休み。旅行に出かけたり帰省する人も多いのでは?そこで今回は、東京駅のお土産ランキング。選者はトラベルライター・関谷淳子さん、東京に詳しいフリーアナウンサー・藤丸由華さん、フードアナリスト・里井真由美さんの3人だ。

 

【第1位】かりんとう詰め合わせ3個入り ¥1,130〜 日本橋錦豊琳(GRANSTA)

種類が豊富なかりんとうを組み合わせられる。「甘さ抑えめのかりんとうは男性へのお土産にもぴったり。きんぴらや黒こしょう、竹炭、コーヒー味などがおすすめ」(関屋)

 

【第2位】メープルバタークッキー9枚入り ¥810 ザ・メープルマニア(GRANSTA DINING)

カナダ・ケベック産メープルを使った甘いお菓子。「メープルシュガーとバターがサクサク生地によく合います。思わずニッコリするおいしさ」(里井)

 

【第3位】駅舎最中5個入り ¥1,300 あわ家惣兵衛(GRANSTA DINING)

「惣兵衛最中」を代表銘菓とする、創業60年を超える老舗。最中の皮の中には、風味いい小豆餡と、しつこくない爽やかなバタークリーム入り。「丸の内駅舎をモチーフにしたお菓子は数あれど、味のよさ・デザインの素敵さ・珍しさという点でこれがNo.1です」(藤丸)

 

【第4位】ビスキュイ4個入り ¥2,484 ピエール マルコリーニ(GRANSTA)

「パッケージがスタイリッシュで高級感があり、年代を問わない手土産。ビスキュイ生地にサンドされた高級チョコが上品」(関屋)

 

【第5位】東京グランマカロン5個入り ¥1,296 アルデュール(GRANSTA)

「素材のよさが伝わってくる味、クールな見た目、品のよいパッケージで頻繁に品切れ&入荷待ちなのもそそられます」(藤丸)

 

開業100周年、東京駅ならではのおみやげを選ぶ際のポイントは……。

 

「東京駅だけ、季節、数量など、限定品の切り口はさまざまですが、パッと見て“限定”とわかるもののほうが、伝わりやすくていいかもしれません」(里井)