image

いよいよクリスマスシーズンが到来!街が華やかな光に彩られ、たくさんの人でにぎわう季節。大切な人とのデートや家族のお出かけに、素敵なイルミネーションを見に行ってみませんか。そんな今年注目の場所をランキング。

 

選んでくれたのは、ライター・編集者の永田さち子さん。リクルートライフスタイル マガジンビジネス推進部・部長兼「じゃらん」統括編集長の大橋菜央さん。日本バースデープランナー協会理事の吉田采都子さんの3人。

 

【第10位】静岡県・時之栖イルミネーション ひかりのすみか(’16年3月21日まで。会場・御殿場高原 時之栖)

「光のトンネルや高さ20mのツリーなど見どころが満載です。また最大70mも上がる、世界初の噴水レーザーショーは、そのダイナミックな迫力と美しさに感動です」(吉田)

 

【第9位】北海道・第35回さっぽろホワイトイルミネーション(12月25日まで。会場・大通公園ほか2会場)

「北海道の冬は寒いけれど、小雪がちらついてくるとそれはもうロマンチック。約52万個のLEDライトに心躍ります。クリスマス雑貨が購入できる『ミュンヘン・クリスマス市』も狙い目」(永田)

 

【第8位】長野県・クリスマスタウン軽井沢(11月28日〜12月25日まで。会場・星野エリア 長野県軽井沢町星野)

「高さ10mもある、本物のモミの木のツリーだけでも見に行く価値あり。ランタンがともされた軽井沢高原教会の中庭にハンドベルの音色が響き、とても幻想的な光景が広がります」(永田)

 

【第7位】東京都・丸の内イルミネーション 2015(’16年2月14日まで。会場・丸の内仲通りほか)

「LED約100万球がシャンパンゴールドに光り輝き、ヨーロッパの街並みのような空間を楽しめます」(吉田)

 

【第6位】宮城県・2015 SENDAI 光のページェント(12月6日〜31日まで。会場・仙台市定禅寺通り)

「160本が立ち並ぶケヤキ並木にともされたイルミネーションは、空から無数の星が降ってくるよう。その中に、ひとつだけピンクの電球があり、これを見つけると幸運が訪れるとも」(永田)

 

【第5位】神奈川県・さがみ湖イルミリオン(’16年4月10日まで。会場・さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト)

「関東最大の550万球が光輝く、リゾート施設で堪能するきらめきは別格。全長65mを超える大迫力の『光のバッキンガム宮殿』はいちばん注目の見どころポイント」(吉田)

 

【第4位】東京都・東京ミッドタウン・クリスマス2015(12月25日まで。会場・東京ミッドタウン)

「ミッドタウンいっぱいに輝く約52万個のLEDはとても華やか。音楽に合わせて変化するイルミネーションは、子供も喜ぶこと間違いなし。夕暮れどきも素敵なのでぜひ!」(大橋)

 

【第3位】東京都・Baccarat ETERNAL LIGHTS−歓びのかたち−(’16年1月11日まで。会場・恵比寿ガーデンプレイス センター広場)

「24時まで点灯しているので、ディナーの後でもゆっくりと見て回れます。大人のデートに」(大橋)

 

【第2位】千葉県・東京ドイツ村ウィンターイルミネーション(’16年3月31日まで。会場・東京ドイツ村)

「広大な敷地を存分にいかし、見渡す限り続くまばゆい光。ダイナミックさとアーティスティックな魅力が満載!」(吉田)

 

【第1位】兵庫県・第21回神戸ルミナリエ(12月4〜13日まで。会場・旧外国人居留地および東遊園地)

「華やかな点灯の瞬間はもちろん素晴らしいですが、最終日の消灯式は胸に迫るものがあり、ぜひ多くの人に見てもらいたいです」(永田)