image

 

「今、でぇら行きたゃあとこは、『しるこサンドの森 あん・びすきゅい』」と語るのは地元在住30代主婦。目当てはカフェメニューの「ビスケットバイキング」。400円で「しるこサンド」が食べ放題だと聞いて「ママ友と行こまいって話しとるよ」と目をキラキラ。

 

トーストした食パンにあんこをのせて食べる、あの「小倉トースト」をはじめ愛知県人は重度のあんこLOVER。そんな愛知県人にとって「しるこサンド」は子どものころ、必ず家にあったおやつで、老若男女に愛されている。

 

りんごジャムやはちみつなどを加えて練り上げたあんこと、香ばしいビスケットの組み合わせは、「甘ゃあけど重すぎんで、どえりゃあ食べれるに」と大評判。結婚式では盛大にお金をかけるが、実生活では限りなく実質本位の愛知県人にピッタリのお菓子なのだ。

 

そんな県民性が如実に表れているのが、これまた有名なコーヒーを注文しただけでトーストやゆで卵がついてくる「モーニング」。これぞ愛知メリハリ文化の真骨頂。

 

最近ではさらに進化して「この前スーパー銭湯行ったらそこでもな、モーニングがついてきとって、やっぱ愛知だわ〜ってえらい感動したわ」と話すのは地元在住40代会社員。

 

“おトクなもの”が大好きな愛知県人気質は、どんどん新たなサービスを生んでいる。

関連タグ: