image

 

「『〇〇県の女性は頑固な人が多い』という話をよく聞くと思います。各都道府県には特徴があり、生まれ育った環境や地域性、先祖代々受け継いできた気質はそう簡単に変えられるものではなく、その人に染み付いています。出身県での相性を知り、よくないことがわかったら、なるべく近寄らない、どうしても話をするときは少し譲歩するなど、接し方に気をつけるなど、接し方に気をつけるなど、家庭円満を心がける材料にしてもらいたいですね」

 

そう語るのは、『相性がわかる!県民性のヒミツ』(宝島SUGIO文庫)の著者で、ナンバーワン戦略研究所代表の矢野新一さん。実は嫁姑関係も、“お金の県民性”の相性によっては、一触即発の危機になることもあるという。そこで、世帯あたりの所得や貯蓄額、さらに矢野さんの長年の調査から判明した嫁姑の金銭感覚の相性が悪く、バトルになりやすい組み合わせ都道府県ランキングを紹介!

 

【1位】徳島姑×東京・神奈川嫁

 

「徳島は阿波商人が全国各地から美人を連れてきたといわれるほど“阿波美人”の地。徳島の女性は、明るく、働き者で活動的、経済観念もしっかりしているのが特徴です。いっぽう東京や神奈川の女性は高級志向なところがあり、徳島県民の姑からは、それが無駄遣いに見えてしまいます。どちらも気が強いので、殺伐とした雰囲気になり、間に入った夫が立ち往生……なんて光景が目に浮かびます」(矢野さん・以下同)

 

【2位】大阪姑×東京嫁

 

「東京嫁は、プライドが高く、意地っ張りの姉さんタイプ。大阪姑は大阪商人の歴史から、陽気でよくしゃべり、経済観念は男性以上に持っています。流行にも敏感で、ブランド品はロゴの大きいものが好きな人が多いです。そのいっぽう、気さくなのですがデリカシーに欠けるきらいがあるのです。大阪姑と東京嫁はお互い気が強いのと、価値観の差が大きくて、何事も平行線が続く相性です」

 

【3位】大阪姑×広島嫁

 

大阪の船場などの商家では、番頭のなかから優秀な者を選んで娘に婿養子をとって商売を継がせる習慣があったからか、結婚後に女性はどんどん強くなる。安く買うことに命をかけている大阪の“おかん”と、コツコツ貯めるのが苦手で、家電量販店の店員などにも「安くして」と言えない広島の女性だけに、水と油の組み合わせなのだとか。

 

【4位】和歌山姑×東京・神奈川嫁

 

自立した女性が多い東京・神奈川の嫁と、無駄遣いをしないしっかり者の和歌山県の姑の金銭感覚は相いれない。1位の徳島姑×東京・神奈川嫁と似たような構図に。

 

【5位】富山姑×沖縄嫁

 

富山県女性は「富山の薬売り」に代表されるように、経済的にも積極的な行動力が。雪に加えて河川の氾濫が多かったため、粘り強い性格で無駄遣いもしない。

 

「そんな真面目で勤勉な富山姑からすれば、沖縄嫁は時間にルーズで、金銭感覚も大ざっぱに感じ、許しがたいのです」

 

嫁姑関係に悩んでいるあなた、思い当たるフシはありますか?

関連タグ: