「はい、あ~ん♪」

 

5月中旬の平日のランチタイム。東京・港区内にあるレストランのオープンテラス席に、人目もはばからず(?)いちゃつくカップルが。見れば元衆院議員の宮崎謙介氏(37)と、妻で前衆院議員の金子恵美氏(40)という有名人夫婦!

 

2年前、2人はともに自民党の若手国会議員として活躍していたが、妻の妊娠中に宮崎氏がグラドルと“ゲス不倫”していたことが発覚。宮崎氏は議員辞職に追い込まれ、昨年の総選挙で金子氏も議席を失った。

 

宮崎氏は自分で頼んだハンバーガーをひと口サイズにちぎって、妻の口に運ぶ。金子氏は恥ずかしがるそぶりもなく、ハンバーガーを口に入れてもらうと、夫に向かって笑顔を見せた。いったい夫婦関係はどうなっているのか。夫の宮崎氏に聞くと、意外にも(?)ストレートに答えてくれた。

 

「(ランチを)見られていたんですね。気づかなかったな、お恥ずかしい……(笑)。あの日は息子を保育園に預けてから、夫婦で仕事関係のミーティングでもしようかとお店に入ったんです」

 

聞くと、宮崎氏は現在、『サンデージャポン』(TBS系)などのテレビ番組に出演するかたわら、地元の京都のお寺で子どもたちにプログラミングを教える“現代版寺子屋”を運営する会社を経営しているそう。

 

金子氏と二人三脚で子育てをしながら、食事づくりはすべて宮崎氏が担当。保育園の送り迎えも積極的にこなしているという。

 

「息子は、2歳3カ月になりました。かわいい盛りです。いろいろとありましたが、今は夫婦ともども、子どもを第一に考えてやっていこうと決め、互いに支え合って生活しています。どうか温かい目で見守っていただければ」

 

最後に、「奥さんを愛してらっしゃいますか?」とあらためて聞いてみた。

 

「恥ずかしいですが……もちろんです!」

 

なるほど、夫婦関係を再構築できた理由がちょっとだけわかったかも――。