MALIA.(35)が9月18日、元夫・山本KID徳郁さん(享年41)がガンで亡くなったことについてコメントを発表した。各スポーツ紙によるとMALIA.は「急な事に頭も心も整理がつきません」とその心痛を明かしているという。

 

05年に山本さんと再婚し、次男と長女を授かったMALIA.。しかし09年に離婚。2人の子供を引き取り、現在は4人目の夫である元Jリーガー・三渡洲舞人(25)とともに育てている。

 

今回の訃報に、ネットでは子どもたちを気遣う声が。《2人のお子さんが心配》《MALIA.とのお子さんは大丈夫なのかな。MALIA.はなんて伝えるのかな。まったく関係ないのに子どもたちのこと思うと胸が痛い》といったものや、《子どもたち、まだ小さいと思うんだけど、どうかお母さんも含めて周りがしっかりとサポートしてあげてほしい》と呼びかけるものもあった。

 

山本さんは先月26日に自身のInstagramでガンを公表した。その直後である9月13日、本誌はMALIA.と三渡洲の仲睦まじい様子を報じている。先月8日に生まれたばかりの我が子を預けたベビーカーとともに歩む2人は、家族団らんのひと時を楽しんでいた。しかしMALIA.の念頭には、山本さんの闘病生活が頭にあったようだ。

 

「MALIA.さんは山本さんのがんが見つかったとき、心底落ち込んでいました。でも離婚後は山本さんとの間にできた2人のお子さんはMALIA.さんが引き取っていることもあり、『彼のためにもしっかり子育てを頑張らないと!』と決意を新たにしていました」(MALIA.の知人)

 

前を向いた矢先に、今回の訃報ーー。MALIA.の悲痛を察するのは難くない。