新宿歌舞伎町の老舗ホストクラブ「愛」グループ創業者の愛田武さんが10月25日に都内の病院で亡くなったと、各スポーツ紙が報じた。78歳だったという。

「愛田さんはホスト界をリードしてきたカリスマ的存在。71年に開店した『クラブ愛』は豪華な内装で話題となり、愛田さん自身もメディアに引っ張りだこ。同店は城咲仁さん(41)を輩出。沢田亜矢子さん(69)との泥沼離婚で話題を呼んだゴージャス松野さん(57)も在籍していたこともあるなど、常に話題を呼んできました」(芸能関係者)

本誌04年7月13日号は愛田さんの妻・朱美さんに取材している。そのなかで朱美さんは、壮絶な夫婦人生を明かしていた。

 

友達に誘われたことで初めてホストクラブへ足を踏み入れた朱美さん。そこで初めて愛田さんに出会ったという。もともとお嬢様育ちの朱美さんには超エリート銀行マンの夫がいたが、愛田さんの仕事ぶりや元夫にはない“野性味”に惚れてしまった。

 

「会うたびに愛田の野性味や男らしさに惹かれました。すぐに、月に4、5回と愛田と会うようになっていったんです」

 

出会いから2年後、愛田さんはクラブ「愛」をオープン。朱美さんは経営のアドバイスをするなど夫婦同然の関係は続いたが、元夫との離婚には踏み込めなかった。

 

「銀行員というのは堅い職業ですから、離婚となればキャリアに傷がつき、出世もおぼつかなくなる。前の主人は支店長もしていたので、なかなか籍を抜いてもらえなかったんです」

 

前夫との仮面夫婦生活も7年の年月がすぎたころ、ようやく離婚が成立。愛田さんが社長業に専念するようになったことで2人はついに結婚を決意したが、“ホストとの結婚”ということで周囲からの大反発に合う。

 

「結婚に父は反対しませんでしたが、親戚縁者や昔からのお友達は、もう大反対。そこで、私から、『今までたいへんお世話になりました』というお手紙というか、絶縁状を書いたんです。今も行き来しているのは実の妹ぐらい。ほかの方々とは、それっきりです」

 

続けて「私としては、それくらいの決心というか、覚悟で愛田といっしょになったんです」と明かした朱美さん。まさに波乱万丈の半生だが、愛田さんとの生活に感謝しているという。

 

「好きな人と朝昼晩、いつも一緒にご飯を食べて、仕事の話が中心ですが、何でもざっくばらんに話し合い、相談もできる。だから、とても幸せなんです。世間一般では受け入れてもらえないかもしれませんが、愛田と出会えて本当に良かったと思っています」

 

愛田さんと駆け抜けた日々。それは、かけがえのないものとなったことだろう――。