料理研究家・鈴木登紀子 令和時代に疲れたら「おだしをとろう」
画像を見る

本誌5月7日号にて、人生100年時代を生き抜くために「元気の秘訣を」教えてくれた大正生まれの女性たち。いつまでもエネルギッシュに活躍する彼女らが、「言い残したことがある!」と語り始めたのは、新時代を迎えるにあたっての、社会、そして女性たちへの“激励メッセージ”だった――。   「人間関係やお仕事など、ストレス社会が続くかもしれませんね。心が疲れてい...

【関連画像】

関連カテゴリー: