開発進む新型肺炎ワクチン 完成までアルコール70%で消毒を

わが国の国立感染症研究所は1月31日、新型コロナウイルスの培養に成功したと発表した。中国では治療薬の試験投与も開始。ワクチン開発も進んでいると専門家は語るーー。

 

1月29日、中国内の新型コロナウイルス感染者数が、’03年に流行したSARSの5,327人を超えたと大きく報じられた。日本国内では、ヒトからヒトへの2次感染が疑われる患者も見つかり、新型コロナウイルスの恐怖をより身近に感じている人は多いだろう。

 

だがここで「過剰な不安を感じるよりも、冷静な目で見ること」が大切だというのは、アメリカ国立衛生研究所の病理専門医である峰宗太郎さんだ。

 

「単に感染者数を見るだけでなく、重症化した患者数も見るべきです。現時点ではSARSの死者数(349人)と比べ、特に多い印象はありません。また、論文の報告によると死者や重症患者は、持病のある人と高齢者にとくに多く、大部分の人は風邪のように軽い症状で、3〜4日で治っています」

 

患者数が急激に増えたのも、ウイルスが広がりやすい性質を持つこと以外に理由があるという。

 

「検査方法が迅速に開発され、早い段階で感染の有無を中国全土で判定できるようになったのが一因でしょう。検査では、見逃しやすい無症状や軽症の感染者も発見しているので、これも感染者数が増えた要因かもしれません」

 

もちろん、油断はできない。

 

「中国では感染者1人が2.5〜3人にうつしていると考えられています。感染者が増えれば、日本でも流行は起こりえるでしょう」

 

そこで期待したいのが、抗ウイルス薬だ。科学技術の発展と幸運が重なったことで、急速に開発が進んでいるという。

 

「SARSのときはウイルスの遺伝子情報を集めるのに約1カ月ほど時間が必要でしたが、今は1日で解析できています。迅速に新型コロナウイルスの全体像を知ることができているのです」

 

調査の結果、新型ウイルスはSARSやMERSと似ていることが明らかに。

 

「これが幸運でした。SARSは’02年から18年も研究が続けられており、ウイルスの持つタンパク質の種類や性質はすでに判明していた。その知見を新型ウイルスに応用することができたんです」

 

注目されたのはウイルスの増殖に関わるタンパク質。この働きを阻害する物質を見つければ、ウイルスの増殖を抑える薬を作ることができる。

 

「さらなる幸運は、開発されていた薬のなかに、阻害効果の期待できるものが複数あったことです。中国の研究グループによると、エイズの原因ウイルスであるHIVの治療薬や多発性骨髄腫という血液がんの治療薬、漢方薬の成分などに効果がありそうで、なかでも2種類のHIV治療成分を混ぜた『カレトラ』という薬に注目が集まっています」

 

通常なら、試験管内での実験や動物実験を経て、臨床試験を検討するのが一般的。だが、今回は、すでに市販されている抗HIV薬であることと、感染者が増えていることを踏まえて、中国は新型ウイルス感染者への投与を開始し、薬の効果を確かめる治験も同時に行っている。

 

治療薬ばかりではなく、ワクチンの開発も進められている。科学雑誌『サイエンス』のオンラインニュースは、新興感染症に対するワクチンの開発を後押しする非営利団体「CEPI」が、3つの団体に合計1,250万ドルもの開発資金を提供したと報じた。

 

資金提供を受けた団体の一つが、峰さんが所属する研究機関だという。

 

「進められているのは、MERSの原因となるコロナウイルスのワクチンを応用した開発です。MERSワクチンの開発は、流行が収まったので資金が投入されず、停滞していましたが、かなり完成度の高いものがあります。新型ウイルスのワクチンはこのMERSワクチンを応用することでできる。2月中にも試験用のワクチンは出てくるでしょう」

 

その後、動物実験や臨床試験などを経るため、ワクチン接種が始まるのは、早くても数カ月先になる見込みだが……。

 

「アフリカで流行したエボラ出血熱のときは、その緊急性を鑑みて、コンゴでは動物実験を急ぎ、かなり早く人に投与されました。今回の新型肺炎に関しても、状況を見ながら、中国政府などが判断をしていくはずです」

 

感染拡大を防ぐには私たちの努力も必要だ。

 

「飛沫感染と考えられるので、咳エチケットや人混みを避けることなど感染予防の基本を守りましょう。うがいは水ですれば十分。感染の疑いがある場合は、広げないためにマスクの着用をするのが望ましいです」

 

ウイルスが付着したドアノブや机などをさわった手で、鼻や口の周りを触割ると、感染リスクは高くなる。

 

「そのため、なにより手洗いは重要。新型コロナウイルスは、アルコールや石けんなどの界面活性剤に弱いウイルスです。市販のアルコールジェルを買うときは、消毒効果がもっとも高いアルコール濃度70〜80%程度のものを選び、消毒するときは、手にしっかりつけて、乾くまでしっかり塗り込んでください」

 

自己防衛を怠らず、科学技術が、新種のウイルスを克服するのを待ちたい。

 

「女性自身」2020年2月18日号 掲載

関連カテゴリー: