野澤亘伸はなぜ世界で20年間、子供の貧困を撮り続けるのか

ある時期は、週刊誌のスクープ・カメラマン。またある時期は、アイドルの写真集を60冊以上手がける海パンカメラマン。そして昨年には将棋の棋士を撮影&執筆した『師弟 棋士たち魂の伝承』で第31回将棋ペンクラブ大賞を受賞。数多くの顔を持つ写真家・野澤亘伸さん(52)の「もう一つの顔」を知る人はあまり多くはない。世界を巡り「子供の貧困」問題に立ち向かう「フォトジャーナリスト」の顔だ。

 

野澤さんが7月10日に刊行した新刊『この世界を知るための大事な質問』(宝島社)は、日本ユニセフ協会の現地視察に20年前から同行し、世界の紛争地やスラムなどの貧困地域を撮影してきた彼の「フォトジャーナリスト」集大成ともいえる一冊。記憶に残る各地の写真をもとに世界の子供たちの貧困問題をQ&A方式でかみ砕いて解説し、現地で取材した少年少女たちの逸話や、ユニセフ協力によるファクト集も掲載している。

 

野澤さんが「子供の貧困」問題を深く考えるようになった契機は、20数年前に初めて行ったカンボジアで、ある国会議員が、子供たちにおこなった行動を眼前にした時に遡るという。野澤さんは当時をこう振り返る。

 

「ランドクルーザーに集まってくる子供たちに、国会議員が窓からお金を撒いていたんです。日本では絶対に見ない行動なので驚いていたら『今日生きるのがやっとの人たちに、自分ができることをしているだけだ』と言われて、「そうだよなぁ」と思いました。取材して報道しても、貧しい人たちの生活がすぐに変わるわけではない。彼らにとっては、今日ご飯を食べられることの方がずっと大事なことです。自分がしていることが無力に感じて、虚しさを覚えたんです」

 

2000年、日本ユニセフ協会が内乱から半年後の東ティモールに視察に行くことになった。当時、野澤さんが契約していた週刊誌が同行取材することになり、野澤さんは初めて現地へ赴く。

 

「その取材成果を日本ユニセフ協会と大使のアグネス・チャンさんがとても気に入ってくれて、翌年から私に直接同行依頼がくるようになったんです」

 

以来、定期的に世界各地の貧困と対峙するようになった野澤さん。世界の貧しい少年少女とのエピソードは尽きないが、そのなかでも特に思い出深い記憶を聞いた。

 

「ブルキナファソで会った街灯の明かりで勉強をする少年。彼の家は狭く、弟や妹がいて勉強する場所がない。夜、家の手伝いが終わった後、いつも道端の明かりの下でノートを開いてその日の授業の復習や明日の予習をする。アフリカでは学校へ通えるだけでも、恵まれているのだと思います。『将来は高校の物理の先生になりたい』と話していました」

 

20年に及び、世界の子供の貧困を撮り続けていくことで、野澤さんの人生観や考え方にはどんな影響が生まれたのだろうか。

 

「日本でもたくさん取材・報道するべき問題があるのに、なぜ海外の取材をするのかという意見はあると思います。でも日本の問題も海外で報じられることで、それがどう捉えられているのかを客観的に知ることができます。内から訴えるよりも、外から訴える方が影響が大きいこともある。また、最初は現地に行く以上、取材の成果を残さなければならないという任務としての意識が強かったのですが、次第に報道も一つの“縁”だと感じるようになりました。自分はこの国のこの人たちに出会う“縁”があったのだと思っています」

 

今回の出版に当たり、「親子で読めるような本にしたい」と思ったという野澤さん。史上最年少でタイトルを獲った国民的棋士・藤井聡太七段(当時)と師匠・杉本昌隆八段も取材した話題作『師弟』でも、撮影だけではなく、自ら執筆している。情熱的な写真家でありながら、客観的な視点を失わない姿勢は今回の著書でも貫かれている。

 

「写真もカメラマンが自分の作品として見せるようなものであってならない。ポートレートではなく、写された人たちの背景がわかりやすいもの、子どもが自分と重ね合わせて見られる写真。あと興味を引くレイアウトを意識しました」

 

今後も変わらず、世界各地を訪ね、取材し続けるという。

 

「趣味の昆虫観察・撮影を兼ねて南米や東南アジアにも行っているのですが、そこでは現地の人々は生活のために原生林を切り開き、コーヒーやアブラヤシを植えています。遠くから見れば同じ緑でも、そこに行けば本来あった自然は失われている。スマトラやジャワでは、奥地まで恐ろしいほどのスピードで開発は進んでいます。そのツケは近い将来に地球規模で影響が出るでしょう。

 

でも、私には開発をやめろとは決して言えません。そこには今日を生きるのが精一杯の人たちがいるのです。そして、作られたコーヒー豆の一番いいものは、日本に運ばれているのですから。昆虫観察は、人間の自然環境への関わり方をリアルに見ます。これからも色々な国に足を運んで行くつもりです」

 

柔和な笑顔の一方で、フォトジャーナリスト魂を感じさせる野澤さん。最後にこう訴える。

 

「援助や支援をする自分に、偽善を感じてしまうことはあると思います。でもそれでいい。堂々と偽善者になることは、何もしないよりもずっと意味がある。いい人になろうと思って募金箱に100円を入れて、それが誰かの助けになるなら、それでいいのではないでしょうか。そうやって地球に住む人たちが繋がっていく。小さな行動が、“縁”を生んでいくのだと思います」

関連カテゴリー: