小室圭さん音源に見る留学の成果 実力はすでに企業弁護士級か
(C)JMPA 画像を見る

11月13日、秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんのご結婚に関するお二人の「お気持ち」についての文書が宮内庁により公表された。

 

今回の「お気持ち」表明で眞子さまは《前回は、行事や結婚後の生活について充分な準備を行う時間的余裕がないことが延期の理由である旨をお伝えいたしました。それから今日までの間、私たちは、自分たちの結婚およびその後の生活がどうあるべきかを今一度考えるとともに、様々なことを話し合いながら過ごしてまいりました》と明かされた。

 

そのうえで、《結婚に向けて、私たちそれぞれが自身の家族とも相談をしながら進んでまいりたいと思っております》と結婚のご意思を強調された。

 

当初、お二人の結婚式は’18年11月に予定されていた。しかし結婚の準備が行われているさなか、小室さんの母・佳代さんの金銭問題が発覚。’18年2月には、結婚の延期が宮内庁によって発表された。

 

そうした結婚延期状態のなか、渡米した小室さん。彼はアメリカでどのように勉学に励み、何を勉強してきたのか。

 

実は、本誌は小室さんがロースクールでインタビュアー役を務める音声を発見していた。専門分野や、英語力が分かるその記事を全文公開する(日付、肩書、年齢等は掲載時のまま)。

 

 

小室圭さんが留学しているニューヨークでは、新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。5月10日時点で州内の感染者数は33万人を突破した。

 

また、在学中のフォーダム大学は3月上旬にキャンパス内での授業をすべて中止。学生寮も閉鎖されてしまった。

 

それでも小室さんの代理人・上芝直史弁護士は「小室さんは3年間、帰国せず勉学に励むと決めています。そのプランに変更はありません」と帰国を否定していた。

 

「眞子さまが小室さんと最後に対面されたのは、もう2年近くも前。小室さんが渡米した’18年8月以来、二人は一度も会っていません。眞子さまの思いに応え、秋篠宮ご夫妻に結婚への強い意志を示すためにも、帰国せず勉学に励むことは、小室さんの譲れない信念なのでしょう」(皇室担当記者)

 

ただ、NYでは感染拡大が続き、留学続行どころか小室さんの身の安全さえも危ぶまれている状況。3年間での卒業、そして弁護士資格の取得にも黄色信号がともっているとの報道も――。

 

そんななか、本誌はフォーダム大学のロースクールのホームページ上に、「Kei Komuro」の名前を発見した。

 

それは今年4月21日に掲載された記事で、小室さんはもう一人の学生とともに、フォーダム大OBである金融の専門家Robert B. Nolan Jr.氏にインタビューを行ったという。

 

しかも、そのインタビュー音声は、世界中の誰でもダウンロードして聞くことができるようになっているのだ。 さっそく再生ボタンを押してみると――。

 

“I am Kei Komuro. William and I are students from Fordham University School of Law.”

 

流暢な英語で自己紹介をする小室さん。インタビューのタイトルは「The Funding Spectrum ― From Seed Financing to Private Equity」で、起業家の資金調達に関するものだ。

 

「なぜ、起業家たちはプライベートエクイティ投資による資金調達をほかのオプションより選択するのだと思われますか?」 「起業家たちがプライベートエクイティ投資で資本金を調達しようとする際に、起業家たちはどんな課題に直面するのでしょうか?」

 

全編で54分にも及ぶインタビューで、小室さんは経営についての専門用語を駆使し、英語で何度も質問を投げかけた。

 

プライベートエクイティとは未公開株式のことで、未公開株の取得・引き受けを行う投資行為をプライベートエクイティ投資という。企業の成長や再生に貢献することで大きなリターンを求める手法として、投資家と起業家、双方から注目を集めている分野だ。

 

専門用語ばかりのこのインタビュー音声。経済アナリストの森永卓郎さんに聞いてもらった。

 

「小室さんの英語は日本人っぽい部分もありますが、発音は正確で、文法もちゃんとしています。十分、ビジネスでも通用するレベルだと思います。少なくとも、私よりはるかにうまいです」

 

森永さんはシンクタンクで勤務していた際、英語圏の顧客と仕事をした経験も豊富。その森永さんを上回る英語力だというのだ。

 

「資金調達というのは企業経営においていちばん大切な要素。小室さんが企業を相手にした弁護士業務を行うのであれば、資金についての勉強は必須です。もし、台本なしでインタビューを行っているなら、小室さんはすでに企業弁護士になる実力を十分に培っていると見ていいでしょう」

 

森永卓郎さんも唸らせた、小室さんの英語力と経営知識――。

 

結婚延期の引き金となった金銭トラブルが解決しないままに決行された、小室さんのNY留学。国際弁護士を目指すという目標の実現性にも当初から疑問の声が上がっていたが、このインタビュー音源によって留学の成果を見せつけた格好だ。

 

しかし、前出の皇室担当記者はこう苦言を呈する。

 

「たしかに今回の音源からは、小室さんの優秀さが垣間見えます。しかし、秋篠宮さまが求めていらっしゃったのは、金銭トラブルや将来設計についての真摯な説明です。小室さんに対して立派な肩書や高い収入を要求されていたわけではありません。留学の成果を示したところで、秋篠宮さまの不信感が拭えるとは思えませんが……」

 

秋篠宮ご夫妻は小室さんの肉声をお聞きになり、どのような感想を抱かれるだろうか――。

 

「女性自身」2020年5月26日号 掲載

関連カテゴリー: