政府が上陸を“隠蔽”「最凶ラムダ株」ワクチン効きづらい可能性
8月10日の渋谷の街。ラムダ株は上陸している可能性が(写真:つのだよしお/アフロ) 画像を見る

「7月20日、羽田空港の検疫で、ペルーの滞在歴がある30代女性から、南米で大流行している新型コロナウイルスの変異株のラムダ株が、国内で初めて検出されました。ところが厚生労働省が明らかにしたのは、それから17日もたった8月6日のことです。7月23日に開幕した東京五輪に、これ以上の批判を集めないためにも、意図的に発表を遅らせたのではないか。米国ニュースサイト『デイリー・ビー...

出典元:

「女性自身」2021年8月31日号

【関連画像】

関連カテゴリー: