丸川大臣“パラは子供の心にレガシー残した”と再び自賛…「自己満」と呆れ声
画像を見る

「厳しい状況の中でも、子供たちの心にレガシーを残せたのは大変意義がある」   こう話したのは、丸川珠代東京五輪担当大臣(50)だ。   『デイリースポーツ』によると、丸川大臣は9月10日、閣議後の定例会見で東京オリンピック・パラリンピックに学校連携観戦として参加した児童や生徒は約2万人だったことを発表。そして子供たちから「努力...

出典元:

WEB女性自身,

【関連画像】

関連カテゴリー: