コロナワクチン「時間経過で抗体価減少も、重症化防ぐ効果は継続」
画像を見る

9月17日、厚生労働省は新型コロナウイルスワクチンの3回目の追加(ブースター)接種を容認。2回目の接種から「8カ月以上」の間隔をあけることを軸に検討し、早ければ12月中にも医療従事者からブースター接種が始まる。一方、高齢者を含む一般の人の接種は年明け以降になる見込みだという。   気がかりなのは、新型コロナウイルスに対する血中の抗体の量(抗体価)が...

出典元:

「女性自身」2021年10月19日号

【関連画像】

関連カテゴリー: