9月5日、ミュージカル『DREAM BOYS JET』の公開稽古が東京・帝国劇場で行われ、Kis-My-Ft2の玉森裕太(23)、千賀健永(22)、宮田俊哉(24)、特別出演の近藤真彦(49)が登場した。

  帝劇は近藤が81年に『ギンギラギンにさりげなく』でレコード大賞最優秀新人賞を受賞した思い出の会場。近藤は「167歳のころ。おふくろが来てくれて、ちょっと泣いたことを思い出しました」と話した。

近藤のミュージカル出演は実に約24年ぶり。「新人に戻ったつもりで一生懸命努めたい」と意気込みを語った。劇中では「おじちゃん」と呼ばれていることについては「いい加減にしてほしいですね。僕のことおじさん扱いですから。でも、六本木では『お兄さん』ですよ」と自信たっぷりに話した。

  共演するKis-My-Ft2の話題になると、近藤は「キスマイも、一人ずつでも仕事をこなせる力があります。いつ解散しても大丈夫だね」と後輩いじり。すぐに千賀が「解散しません」と返すも、近藤は「みんな最初はそう言ってるんだよ」と話し、会場を笑わせた。

同舞台は帝国劇場で9月5日から9月29日まで。

 

 

関連タグ: