ドラマやバラエティで活躍するジャニーズJr.の4人――安井謙太郎・京本大我・田中樹・高地優吾が、ジャニーズライブの裏側を語ってくれた。

 

田中「俺、体硬いからダンスとか大変。足上げても俺だけ膝が曲がっちゃう」

高地「ラインダンスとかヤバいよね」

京本「先輩のコンサート前は短時間で何曲もの踊りを覚えたりするしね」

 

田中「覚えられなかったら、できないままステージに上がって恥をかく」

安井「あのコ、誰?ってジャニーさんに言われちゃうよね」

田中「降ろされるよりしんどい!」

 

京本「もう慣れて体が勝手に覚えるよね」

高地「俺、集中力切れるとヤバいッス」

田中「(高地に向かって)踊らなくなって棒立ちするよね。超面白い!」

 

京本「歌、踊り、お芝居もやるうえに舞台装置の移動もやるし」

田中「それが、ジャニーズJr.!」

高地「フッキング(フライングのハーネス付け)を初めてやったとき怖かった。人の命かかってんぞ!って注意されながらやって」

 

京本「舞台で(KAT-TUNの)中丸さんを自力で着地させてしまったことがあって、急いで謝りにいったら、『一人で着地できるもんなんだよ』って言ってくれた」

田中「俺、A.B.C-Zが上がっていく装置のバランスを立て直そうとして、手でつかんじゃって。装置がどんどん上がっていって、そのまま宙に浮いちゃった!」

一同「ハハハハハ」

 

高地「移動しながら、衣装替えて、忙しかったりすることもあるよね」

安井「3枚着てて、いちばん上の上着脱ごうとしたら、2枚脱いじゃって、もうダメダメ」

田中「僕を見ないで!みたいな(笑)」

 

京本「着替えのパンツのマジックテープが取れちゃって、スリットみたいになって太ももあらわでセクシーになってる人もいた」

安井「あのマジックテープが難しい。あれがうまくできるようにならないと、ジャニーズJr.としてやっていけない! アンダーソン、めっちゃへただけどね(笑)」

一同「危ない、危ない。マジ、危ない(笑)」

関連タグ: